野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【プレミア12】侍ジャパン、3回に打者一巡の猛攻で6得点! 5連打&6者連続得点で韓国突き放す

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)の韓国戦に臨んだ。侍ジャパンは同点に追いつかれた直後の3回、先頭の坂本勇人内野手(巨人)から怒涛の5連打が飛び出し、6者連続得点で6点を追加した。

侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

3回先頭の坂本が左越えの二塁打で出塁すると、そこから怒涛の5連打

■日本 – 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

「現役引退まで必要とされる選手でいたい」 秋山翔吾が抱く侍ジャパンへの熱い思い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)の韓国戦に臨んだ。侍ジャパンは同点に追いつかれた直後の3回、先頭の坂本勇人内野手(巨人)から怒涛の5連打が飛び出し、6者連続得点で6点を追加した。

 3回先頭の坂本が左翼手のグラブを弾きフェンスまで届く二塁打で出塁すると、続く丸がセーフティバントを内野安打として一、三塁の好機を作った。ここで4番鈴木が中前に落ちる適時打を放ち、1点を勝ち越し。なおも一、二塁の好機で浅村は左前適時打を放った。

 これだけでは終わらない。吉田も右前安打を放ち、怒涛の5連打。松田が四球で繋ぐと、會澤にも中前適時打が飛び出すなど、この回一気に6得点。坂本から松田まで6者連続得点という一気の猛攻でリードを6点に広げた。

 3回の韓国の攻撃では先頭ファン・ジェギュンが左翼席に飛び込むソロ本塁打を放ち同点とされていたが、すぐさま流れを呼び戻した。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月17日(日)「決勝」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」