野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】柳田、千賀、菅野は「絶対に必要」 前田智徳氏が語る東京五輪に不可欠な選手は…

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列などで放送)は11日から東京ドームとZOZOマリンスタジアムでスーパーラウンドが行われ、野球日本代表「侍ジャパン」と韓国が決勝進出を決めた。

テレビ朝日系列で解説を務める前田智徳氏【写真:福谷佑介】
テレビ朝日系列で解説を務める前田智徳氏【写真:福谷佑介】

「プレミア12」のメンバーからは外れている3人、菅野と千賀には「経験値がある」

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列などで放送)は11日から東京ドームとZOZOマリンスタジアムでスーパーラウンドが行われ、野球日本代表「侍ジャパン」と韓国が決勝進出を決めた。このプレミア12は来年に行われる東京五輪の予選も兼ねており、日本を除く、この大会のアジア・オセアニア大陸の最上位1チームとアメリカ大陸の最上位1チームが五輪の出場権を獲得。すでに韓国が五輪切符を手にした。アメリカ大陸はメキシコとアメリカが3位決定戦に進んだため、勝ったほうが五輪出場となる。一方、自国開催の五輪で金メダルを目指す日本にとってはチーム強化のための重要な国際大会となっている。

侍ジャパンが「プレミア12」初優勝で得た収穫と課題 稲葉監督が掴んだ日本の形(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 それだけに稲葉篤紀監督も東京五輪を見据えて、今回の侍ジャパンメンバーを選考。怪我やコンディション不良などで辞退者、離脱者が出てしまってはいるものの、現状、NPBに在籍する球界トップレベルのメンバーが集まったと言える。そして、見事に決勝進出。宿敵・韓国と激突する。

 今大会での世界一を目指すのはもちろんだが、“稲葉ジャパン”の最大の目標は東京五輪、そしてそこで悲願の金メダルを獲ることだ。「プレミア12」を放送するテレビ朝日系列で解説を務める元広島の前田智徳氏はFull-Countのインタビューに応じ、今回のメンバーには不在ながら、五輪には「絶対必要」という選手を挙げた。

 前田氏が五輪の代表に不可欠な存在だとして挙げたのは、投手でソフトバンクの千賀滉大投手と巨人の菅野智之投手、そして野手でソフトバンクの柳田悠岐外野手の3人だ。

「まずはピッチャーを含めて守りが大事です。その中で菅野くんと千賀くんは絶対必要ですよね。能力は誰もが認めるところですが、それに加えて2人には経験値がある。2人はWBCでも投げていますし、菅野くんは前回のプレミアでも投げています」と前田氏。WBCでも登板経験のある2人の経験値は五輪という大舞台にとっても重要なものになるという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」