野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】鈴木&外崎が完璧中継プレー ファンは韓国走者に“疑問”「完全ボーンヘッド」

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)の韓国戦に10-8で勝利。スーパーラウンド4勝1敗として、首位で2夜連続の日韓対決となる17日の決勝戦に臨むことになった。1点リードの5回には右翼・鈴木、二塁・外崎と強肩の2人が完璧な中継プレーで失点を阻止する「ビッグプレー」があり、WBSC公式ツイッターが動画を公開。ファンからは称賛の声に加えて、韓国の三塁走者の「ボーンヘッド」を指摘するコメントもあった。

5回に1死満塁のピンチを迎えるも完璧な中継プレーで失点を阻止【写真:荒川祐史】
5回に1死満塁のピンチを迎えるも完璧な中継プレーで失点を阻止【写真:荒川祐史】

日韓戦の5回に「ビッグプレー」、WBSC公式ツイッターは動画を公開

■日本 10-8 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

【動画】「最高の中継プレー」も韓国の走者は「完全にボーンヘッド」!? 鈴木→外崎→甲斐と完璧につないで三塁走者を出した中継プレーの一部始終

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)の韓国戦に10-8で勝利。スーパーラウンド4勝1敗として、首位で2夜連続の日韓対決となる17日の決勝戦に臨むことになった。1点リードの5回には右翼・鈴木、二塁・外崎と強肩の2人が完璧な中継プレーで失点を阻止する「ビッグプレー」があり、WBSC公式ツイッターが動画を公開。ファンからは称賛の声に加えて、韓国の三塁走者の「ボーンヘッド」を指摘するコメントもあった。

 7-6と1点リードで迎えた5回だった。2番手の大野が制球を乱し、3連続四球で無死満塁の大ピンチ。チェ・ジョンは空振り三振に仕留めたものの、続くカン・ベクホには右翼線へのライナーを打たれた。しかし、鈴木がライン際でランニングキャッチ。三塁走者のイ・ジョンフはタッチアップしたものの、鈴木から外崎を経由し、完璧な中継プレーでボールが捕手の甲斐に返ってきてアウトに。失点を阻止した。

 このプレーの動画をWBSC公式ツイッターが公開すると、ファンは「外崎の素晴らしい中継プレーでした」「外崎反対に回ってんのによくつよい送球できるな」「誠也、外崎 いいーーーね」「サイコー」「外崎もたまらん!」「さすが外崎選手 最高の中継プレー」などと続々と称賛の声を上げた。

 もっとも、三塁走者のイ・ジョンフは打球が落ちると思ったのか、一度飛び出してから、三塁ベースに戻ってタッチアップ。韓国の三塁コーチも初めからぐるぐると手を回していたこともあって、「3塁走者が完全なボーンヘッド」「これ、明らかにサードランナーのミスやろ。なんでベース離れたのか理解に苦しむ」「ランナーのスタート遅っ」などと相手のミスを指摘する声もあった。

 日本は3回に6点を勝ち越してから追いつかれることなく逃げ切り。試合の行方を左右する「ビッグプレー」となった。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月17日(日)午後6時34分~ 決勝「日本×韓国」(ゲスト解説:上原浩治、秋山翔吾)

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」