野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】日韓戦力比較・投手編 侍Jは盤石救援陣、韓国は強力W左腕が強み

「第2回 WBSC プレミア12」もいよいよ最終日。侍ジャパンは16日のスーパーラウンドに続いて、韓国と決勝戦を行う。両軍の投手陣を比較しよう。

決勝に先発する侍ジャパン日本代表の巨人・山口俊(左)、韓国代表のヤン・ヒョンジョン【写真:Getty Images】
決勝に先発する侍ジャパン日本代表の巨人・山口俊(左)、韓国代表のヤン・ヒョンジョン【写真:Getty Images】

侍J投手陣の与四球数は韓国投手陣の半分の11、防御率も韓国を上回る

 「第2回 WBSC プレミア12」もいよいよ最終日。侍ジャパンは16日のスーパーラウンドに続いて、韓国と決勝戦を行う。両軍の投手陣を比較しよう。

「プレミア12」で光った存在感 ルーキー甲斐野央が国際大会で得た経験と手応え(侍ジャパン応援特設サイトへ)

○チーム投手成績

日本 6勝1敗3SV63回11四71奪三振 防御率2.89

韓国 5勝2敗1SV59.2回22四64奪三振 防御率3.34

 両チームともに決勝まで進出しただけに投手成績も優秀だが、日本が与四球11に対し、韓国は倍の22。制球力で日本が上回っていると言えよう。

○日本の投手成績 ※は16日の日韓戦に登板した投手

先 今永昇太 1勝0敗0SV9回1四12奪三振 防御率1.00

先 高橋礼 1勝1敗0SV10回3四5奪三振 防御率1.80

先 山口俊 0勝0敗0SV8回2四10奪三振 防御率3.38

救 甲斐野央 2勝0敗0SV4回1四6奪三振 防御率0.00

救 中川皓太 0勝0敗0SV2.1回1四2奪三振 防御率0.00

救 山本由伸 0勝0敗0SV4回0四4奪三振 防御率2.25

救 山崎康晃 0勝0敗2SV4回0四6奪三振 防御率0.00

先 岸孝之 0勝0敗0SV7回0四8奪三振 防御率7.71※

救 山岡泰輔 0勝0敗0SV4.2回0四7奪三振 防御率11.57※

救 嘉弥真新也 0勝0敗0SV1回0四2奪三振 防御率0.00※

救 大野雄大 2勝0敗0SV5回3四7奪三振 防御率1.80※

救 大竹寛 0勝0敗0SV2回0四1奪三振 防御率0.00※

救 田口麗斗 0勝0敗1SV2回0四1奪三振 防御率0.00※

 決勝戦の先発は山口だが、今永も第2先発でスタンバイするだろう。救援投手は極めて優秀なので、甲斐野、山本、山崎という「勝利の方程式」に持ち込みたいところだ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」