野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【プレミア12】侍ジャパン、山田が逆転3ラン! 韓国エース左腕撃ちに稲葉監督も万歳

野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送、ゲスト解説:上原浩治、秋山翔吾)決勝の韓国戦に臨んだ。2点ビハインドの2回、山田哲人内野手(ヤクルト)が逆転の3ランを放った。

逆転3ランを放った侍ジャパンのヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
逆転3ランを放った侍ジャパンのヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

先発山口は初回2被弾で3失点降板… 2番手で高橋が登板

■日本 – 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

「現役引退まで必要とされる選手でいたい」 秋山翔吾が抱く侍ジャパンへの熱い思い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送、ゲスト解説:上原浩治、秋山翔吾)決勝の韓国戦に臨んだ。2点ビハインドの2回、山田哲人内野手(ヤクルト)が逆転の3ランを放った。

 初回3失点を喫した直後、4番鈴木誠也外野手(広島)の適時二塁打で1点を返した。なおも2点ビハインドの2回、2死から會澤が四球で出塁すると、続く菊池が放った内野ゴロは三塁手前で高く跳ねて内野安打とし、一、二塁の好機を作った。ここで山田が2ストライク、2ボールからの直球を捉えると、左翼スタンド中段に飛び込む3ランで逆転。これには稲葉篤紀監督も大喜びで万歳。東京ドームのファンもダイヤモンドを一周する山田に大声援を送った。

 先発の山口俊投手(巨人)は初回、先頭のイ・ジョンフに四球を与えて出塁を許すと、続くキム・ハソンに左翼スタンドへの2ランとされた。さらに2死から5番のキム・ヒョンスに右中間スタンドに運ばれるソロを被弾。初回3失点で降板し、2番手で高橋礼投手(ソフトバンク)が登板している。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月17日(日)午後6時34分~ 決勝「日本×韓国」(ゲスト解説:上原浩治、秋山翔吾)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」