野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】大会MVPは侍ジャパンの4番、鈴木誠也! 今大会3本塁打、打率4割超え&好守でチーム牽引

野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一を決めた。大会MVPには今大会不動の4番として出場し続けた鈴木誠也外野手(広島)が選ばれた。

大会MVPに輝いた侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
大会MVPに輝いた侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

大会ベストナインにも選出「優勝できてよかった」

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一を決めた。大会MVPには今大会不動の4番として出場し続けた鈴木誠也外野手(広島)が選ばれた。

侍ジャパンが「プレミア12」初優勝で得た収穫と課題 稲葉監督が掴んだ日本の形(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 鈴木は今大会で3本塁打を放ち、スーパーラウンドまでの打率はトップの.478。12打点、9得点も1位で、スーパーラウンド首位での決勝戦進出に貢献した。そして、日韓での頂上決戦でも3点を追う初回にタイムリーを放ち、悲願の世界一へと導く大活躍。超満員の東京ドームで表彰された鈴木は試合後のテレビインタビューで「ここ最近ずっと優勝できてなかったので、こういう大会で優勝できたのは良かったと思います」と優勝を喜んだ。

 さらに打撃に加えて守備でも魅了。前日15日の日韓戦では1点リードの5回に右翼・鈴木、二塁・外崎と強肩の2人が完璧な中継プレーで失点を阻止する印象的な場面も。攻守で侍ジャパンを牽引した。「今回は自分の結果だけでなくチームの優勝を心に刻んでやっていた」と振り返った日本の4番は「まだたくさんいい選手がいて、4番を打つか分からないですけど、どこのポジションでも自分がやることは変わらないので、また次の大会でも優勝できるように頑張ります」と東京五輪での優勝も誓っていた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」