野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】山田哲人、日韓決戦で侍Jを世界一に導く決勝3ラン「世界一を獲ると決めていた」

野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦に臨み、5-3で逆転勝ち。宿敵を下し、2009年の第2回WBC以来、10年ぶりの世界一に輝いた。山田が2点を追う2回に値千金の逆転3ラン。試合後のヒーローインタビューで「とにかく世界一を獲ると決めていた」と喜びに浸った。

決勝点となった逆転3ランを放った侍ジャパンのヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
決勝点となった逆転3ランを放った侍ジャパンのヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

2点を追う2回に値千金の逆転弾、東京五輪での金メダルも誓う「そこでも世界一に」

■日本 5-3 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

侍ジャパンが「プレミア12」初優勝で得た収穫と課題 稲葉監督が掴んだ日本の形(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦に臨み、5-3で逆転勝ち。宿敵を下し、2009年の第2回WBC以来、10年ぶりの世界一に輝いた。山田が2点を追う2回に値千金の逆転3ラン。試合後のヒーローインタビューで「とにかく世界一を獲ると決めていた」と喜びに浸った。

 日本は初回に先発・山口が2被弾で3点を失うも、その裏に鈴木の適時打で2点差に。そして、2点ビハインドで迎えた2回には、2死一、二塁の好機で山田が左翼スタンド中段に運ぶ3ランを放ち逆転に成功した。重苦しい雰囲気を振り払い、東京ドームは大熱狂。日本を世界一に導く一発となった。

 今大会は徐々に調子を上げ、決勝で大仕事をやり遂げた山田。試合後のヒーローインタビューでは「とにかく集中して自分のスイングをしようと。あとは今大会、僕自身チームに迷惑をかけて全然打ててなかったので、悔しい思いを胸にフルスイングしました」と振り返り「とにかく世界一を獲るっていうのは決めていたことなので」と喜びを噛み締めた。

 守備では、慣れない一塁で奮闘。来年の東京五輪でも主力の一人として期待がかかる球界を代表する強打者は「4年前も韓国に負けて悔しい思いをしていたので、今日はそれが晴らせて良かったと思いますし、また半年後にオリンピックが待っているので、そこでも世界一になれるように頑張りたいと思います」と、金メダルを誓っていた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」