野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍ジャパン稲葉監督、8度の胴上げ! 日韓決戦制して、涙の10年ぶり世界一

野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一に輝いた。歓喜の瞬間を迎えた瞬間に涙を流した稲葉篤紀監督は激戦をくぐり抜けて頂点へと立った選手たちの手で8度胴上げ。東京ドームで宙を舞った。

胴上げで8度宙に舞った侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:荒川祐史】
胴上げで8度宙に舞った侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:荒川祐史】

2回に山田が逆転3ラン、7投手が決死のリレーでリードを守り抜く

■日本 5-3 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

侍ジャパンが「プレミア12」初優勝で得た収穫と課題 稲葉監督が掴んだ日本の形(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一に輝いた。歓喜の瞬間を迎えた瞬間に涙を流した稲葉篤紀監督は激戦をくぐり抜けて頂点へと立った選手たちの手で8度胴上げ。東京ドームで宙を舞った。

 初回に先発の山口が3失点。だが、その直後に4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時二塁打で1点を返すと、2回2死一、二塁の好機で山田が左翼スタンド中段に飛び込む3ランを放って逆転に成功。試合をひっくり返すと、2回からは中4日での登板となった高橋礼投手(ソフトバンク)が2イニングを無失点に封じるなど決死の継投でリードを守り、最後は守護神の山崎康晃投手が締めくくった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」