野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】相手に与え続けたダメージ 世界一の大きな要因となった侍ジャパンの「選球眼」

野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一に輝いた。スーパーラウンドでアメリカに敗れたものの、大会通算7勝1敗でフィニッシュ。2009年の第2回WBC以来、10年ぶりに世界の頂点に立った日本の強さはどこにあったのか。

侍ジャパンが09年WBC以来10年ぶりの世界一に輝いた【写真:荒川祐史】
侍ジャパンが09年WBC以来10年ぶりの世界一に輝いた【写真:荒川祐史】

10年ぶりの世界一、「投手力」とともに侍ジャパンの強みとなった「選球眼」

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一に輝いた。スーパーラウンドでアメリカに敗れたものの、大会通算7勝1敗でフィニッシュ。2009年の第2回WBC以来、10年ぶりに世界の頂点に立った日本の強さはどこにあったのか。

 決勝の韓国戦では初回に先発・山口が3失点を喫したものの、直後に鈴木が反撃の狼煙を上げる適時二塁打。2回に登板した高橋が無失点に抑えると、その裏に山田が逆転3ランを放った。高橋は3回も続投。その後は田口が2回、中川が1回を無失点でつなぎ、甲斐野、山本、山崎と「勝利の方程式」が完璧救援。7回には浅村の適時打で貴重な追加点を奪い、快勝した。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、決勝戦を振り返り「最大の功労者は高橋礼と田口。あの2人が立て直してくれた」と指摘。さらに、「6回以降に出した走者はエラーの1人だけ。勝負のかかる中盤から終盤にあれだけのピッチャー陣に1イニングずつ投げられたら相手は厳しいでしょう。後ろの3人(甲斐野、山本、山崎)は本当に素晴らしい内容でした」と絶賛した。

 また、逆転3ランを放った山田については「あの1打席に関しては、シーズン中のいい時の山田のファウルの打ち方に似てきたなと思ったら、本当に打ってしまった。本人としては、ようやく納得できる1本を打てたのではないでしょうか」と分析。昨年までヤクルトのバッテリーコーチだった野口氏は「山田は対戦経験の少ないピッチャーは意外と受けてしまうタイプ。外国人投手というのもあって『抜けてくるのではないか』という気持ちも、大会を通して頭のどこかにあったのではないでしょうか。実際に、足は踏み込んでても腰は開いているような打席が多かった。甘い真っ直ぐに泳ぎながらポップフライというのは(腰の)開きが早い時に出る症状です。『嫌だな』と思うところはあったと思います。それが、決勝戦ではコントロールのまとまっている左投手が相手だったので、少し修正が効いたのかなと。ファウルをしている間に打ちそうな雰囲気が漂っていました」と振り返った。

 投打が噛み合っての世界一。野口氏は、決して派手に打っていたわけではないものの、侍ジャパン打線の「強み」が大きな勝因になったと話す。それは「選球眼」だ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」