野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ファンが選ぶ「パ ベストグラブ賞」発表 西武の快足外野手が最多得票獲得

「パーソル パ・リーグTV」では11月1日から13日にかけて「パーソル パ・リーグTV ベストグラブ賞」と題し、各ポジションにおける最高の守備職人を選出する投票企画を行った。投票の権利を持つのは野球ファン全員。まさに「ファンが選ぶ、最高の守備の名手を選ぼう」という企画だ。

ファンが選ぶ「パ ベストグラブ賞」【画像:パーソル パ・リーグTV】
ファンが選ぶ「パ ベストグラブ賞」【画像:パーソル パ・リーグTV】

投手は山本由伸が受賞、二塁手は外崎、三塁手は中村が獲得

「パーソル パ・リーグTV」では11月1日から13日にかけて「パーソル パ・リーグTV ベストグラブ賞」と題し、各ポジションにおける最高の守備職人を選出する投票企画を行った。投票の権利を持つのは野球ファン全員。まさに「ファンが選ぶ、最高の守備の名手を選ぼう」という企画だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今回の記事では、その集計結果を発表していきたい。各守備位置における、得票数のトップ3は以下の通りだ。

◆投手
1位:山本由伸(オリックス)258票
2位:千賀滉大(ソフトバンク)214票
3位:有原航平(日本ハム)111票

 中間発表でも投手部門のトップに立っていた山本がそのまま逃げ切って栄冠を手にした。最優秀防御率を獲得したその投球内容のみならず、優れたフィールディングの技術もファンの間で高く評価されていることがうかがえる結果だ。

◆捕手
1位:甲斐拓也(ソフトバンク)388票
2位:森友哉(西武)230票
3位:若月健矢(オリックス)153票

「甲斐キャノン」の異名を取る強肩を武器とする甲斐が多くの支持を集めて選出された。盗塁阻止とインサイドワークの双方で3年連続日本一に大きく貢献した鷹の正捕手は今や球界を代表する捕手の一人となったと言えるのではないだろうか。

◆一塁手
1位:内川聖一(ソフトバンク)292票
2位:鈴木大地(ロッテ)157票
3位:山川穂高(西武)149票

 一塁手として守備率1.000、すなわち年間を通じて1度もエラーをしないというパ・リーグ史上初の快挙を達成した内川が受賞した。37歳にしてその守備は新境地へと到達しており、鋭い反応で健在ぶりを示している。

◆二塁手
1位:外崎修汰(西武)447票
2位:中村奨吾(ロッテ)225票
3位:浅村栄斗(楽天)106票

 内野への再コンバート1年目で定位置を守り抜いただけでなく、広い守備範囲と球際の強さを生かしてファインプレーを連発した外崎が、2位の倍近い票を獲得して栄冠を勝ち取った。同世代の源田と組む鉄壁の二遊間は来季以降もチームを盛り立てそうだ。

◆三塁手
1位:中村剛也(西武)353票
2位:松田宣浩(ソフトバンク)299票
3位:レアード(ロッテ)91票

 100キロを上回る巨体ながら柔らかいグラブさばきを持ち合わせる中村が7年連続ゴールデングラブ賞の名手・松田を抑えて受賞を果たした。バットでも4番に復帰して打点王を獲得した36歳の強打者は攻守両面で充実のシーズンを送った。

◆遊撃手
1位:源田壮亮(西武)786票
2位:今宮健太(ソフトバンク)331票
3位:中島卓也(日本ハム)110票

 800票に迫ろうかという圧倒的な支持を集めたのは「源田たまらん」のフレーズでも知られる源田壮亮。入団以来高い評価を受け続けている、堅実かつ広い守備範囲を誇るディフェンスは今季も冴え渡り、2年連続のリーグ優勝の欠かせないピースとなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」