野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • NPBと似て非なる選出基準 3度目のMVPに輝いたトラウトの凄さ

NPBと似て非なる選出基準 3度目のMVPに輝いたトラウトの凄さ

今季、アメリカン・リーグのMVPに輝いたマイク・トラウトはエンゼルスで大谷翔平のチームメートだが、当代最高の打者と言ってよい。

自信3度目となるMVPを獲得したエンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】
自信3度目となるMVPを獲得したエンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】

MVP選出で重視されるWARで他選手を圧倒するトラウト

 今季、アメリカン・リーグのMVPに輝いたマイク・トラウトはエンゼルスで大谷翔平のチームメートだが、当代最高の打者と言ってよい。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 トラウトは高校から2009年のアマチュアドラフト1巡目(全体25位)でエンゼルスに入団。同期の全体1位は今季ナ・リーグ最多勝のスティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)だった。

 マイナーでずば抜けた成績を残して2011年7月にメジャーデビュー。この年は打者の新人王の資格の上限(130打数)ぎりぎりの123打数でシーズンを終え、翌2012年に30本塁打、83打点、49盗塁(盗塁王)、打率.326で、文句なしの新人王になった。トラウトはそれだけでなく、MVP投票でも3冠王に輝いたミゲル・カブレラ(タイガース)に次ぐ2位になった。

 トラウトは、セイバーメトリクス系のWAR(Wins Above Replacement)の申し子と言われる。WARは、打撃、走塁から守備まですべての要素を加味した総合指標。MVPの選考に当たって最も重視される指標とされる。

 トラウトのデビュー2年目からのWARとMVP投票順位、主要な成績を並べてみよう。()はリーグ順位。率は打率、出は出塁率。WARのデータはBaseball Refarenceによる。

2012年 WAR10.5(1) MVP投票(2) 新人王
30本(13) 83点(23) 49盗(1) 率.326(2) 出.399(3)

2013年 WAR9.0(1) MVP投票(2)
27本(14) 97点(9) 33盗(8) 率.323(3) 出.432(2)

2014年 WAR7.6(1) MVP投票(1)
36本(3) 111点(1) 16盗(25) 率.287(15) 出.377(8)

2015年 WAR9.4(1) MVP投票(2)
41本(3) 90点(14) 11盗(33) 率.299(9) 出.402(2)

2016年 WAR10.5(1) MVP投票(1)
29本(26) 100点(14) 30盗(2) 率.315(5) 出.441(1)

2017年 WAR6.6(5) MVP投票(4)
33本(12) 72点(53) 22盗(12) 率.306(6) 出.442(1)

2018年 WAR10.2(2) MVP投票(2)
39本(4) 79点(24) 24盗(9) 率.312(4) 出.460(1)

2019年 WAR8.3(2) MVP投票(1)
45本(2) 104点(9) 11盗(26) 率.291(18) 出.438(1)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」