野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本シリーズ3連覇のホークスが米有名トレ施設を“輸入”したワケ 球団の狙いは

21日まで宮崎市内で行われたソフトバンクの秋季キャンプ。今季、新たに取り入れられた試みが、アメリカのシアトルにあるトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」によるデータ測定と解析だ。室内練習場とブルペン内に専用機材を持ち込み、選手たちの様々なデータを取得。これをもとに個々の長所などのフィードバックが行われ、20日にすべて終了した。

「ドライブラインベースボール」のデータ計測を行ったソフトバンク・高橋礼【写真:福谷佑介】
「ドライブラインベースボール」のデータ計測を行ったソフトバンク・高橋礼【写真:福谷佑介】

メジャーリーガーも通う「ドライブライン・ベースボール」のスタッフが秋季キャンプに

 21日まで宮崎市内で行われたソフトバンクの秋季キャンプ。今季、新たに取り入れられた試みが、アメリカのシアトルにあるトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」によるデータ測定と解析だ。室内練習場とブルペン内に専用機材を持ち込み、選手たちの様々なデータを取得。これをもとに個々の長所などのフィードバックが行われ、20日にすべて終了した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レッズのトレバー・バウアー投手ら多くのメジャーリーガーも通う「ドライブライン・ベースボール」。日本球界でもオフに施設を訪れてトレーニングする選手がいたり、球団が選手を派遣するケースは多くなってきた。だが、ソフトバンクはスタッフ、機材を丸ごと秋季キャンプへと“輸入”した。その狙いはどこにあったのか。

 ソフトバンク球団統括本部チーム戦略室の須山晃次室長代行がその思惑を語った。

「アメリカでは有名な施設で、10年くらい前からやっていて現役のメジャーリーガーも多く通っています。多くの実績を残していて注目はしていました。実際に視察に行って話をさせてもらった上で、選手が行くよりも来てもらって、みんな見てもらい、スタッフたちもみんなで話を聞いたほうがいいのではないか、と思いました」

 選手個々で施設に行き、チェックをしてもらうことも考えたが、そうなるとその情報は聞いた選手で止まってしまい、チーム全体として共有しきれない。それならば、日本に来てもらい、選手だけでなく、コーチ、スタッフ全員でそのデータやノウハウを共有したほうがいいのではないか、と球団は考えたという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」