野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

燕入りの元鷹・長谷川宙、入来投手コーチに感謝「野球をイチから教えてくれた恩人」

ヤクルトは22日、ソフトバンクの育成から自由契約となっていた長谷川宙輝投手の獲得を発表。長谷川はこの日もソフトバンクの筑後ファーム施設で1人で練習に励んでいた。

ソフトバンクからヤクルトに移籍する長谷川宙輝【写真:藤浦一都】
ソフトバンクからヤクルトに移籍する長谷川宙輝【写真:藤浦一都】

長谷川はソフトバンクの筑後ファーム施設で練習「成長した姿を見せるのが1番」

 ヤクルトは22日、ソフトバンクの育成から自由契約となっていた長谷川宙輝投手の獲得を発表。長谷川はこの日もソフトバンクの筑後ファーム施設で1人で練習に励んでいた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ヤクルトに支配下での入団が決まった長谷川は「自分としても突然のことで少し時間をいただきました。ホークスで支配下になるのが1番だったんですけど……」と少し複雑な表情で心境を語った。東京出身で子どもの頃にはヤクルトのファンクラブにも入り「青木さんが好きでした」という。それでも3年間を過ごしたホークスへの思いも強い。

「高校の時から無名だった僕に気づいてチャンスをくれたスカウトの方に感謝したいですし、何も知らないまま(プロに)入ってきた僕にとって入来さんの存在は大きかった。野球をイチから教えてくれた恩人です」。入団時の3軍投手コーチ・入来祐作氏への感謝の思いを口にした。

 ソフトバンクでかなわなかった支配下登録選手としての入団となる。「1年目じゃないし、多少期待もしてくれていると思う。なるべく早く1軍に上がって神宮で投げたいです」と長谷川。1軍に定着すれば交流戦でソフトバンクと対戦する可能性もある。「その時は……」と少しだけ考えて「成長した姿を見せるのが1番ですね」と言って微笑んだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」