野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス大城が左臀部の表皮膿瘍切除手術 今後は患部の状態を確認しながら

オリックスは22日、大城滉二内野手が大阪市内の病院で、左臀部の表皮膿瘍切除手術を行ったことを発表した。今後は患部の状態を確認しながらリハビリ等を行っていく予定。

オリックス・大城滉二【写真:荒川祐史】
オリックス・大城滉二【写真:荒川祐史】

プロ4年目の今季は打率.262、出塁率.329も、8月に腰痛のため登録抹消

 オリックスは22日、大城滉二内野手が大阪市内の病院で、左臀部の表皮膿瘍切除手術を行ったことを発表した。今後は患部の状態を確認しながらリハビリ等を行っていく予定。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ4年目の大城は今季91試合に出場し、自己最高の打率.262、出塁率.329をマーク。前半戦は正遊撃手としてプレーしたが、8月に腰痛のため登録抹消されていた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」