野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • アストロズ“サイン盗み疑惑”にMLB調査開始 米関係者「確認された」と黒認定

アストロズ“サイン盗み疑惑”にMLB調査開始 米関係者「確認された」と黒認定

2017年シーズンにアストロズが電子機器を使った“サイン盗み疑惑”が米で大きな話題になっている。米メディアはすでにMLB機構が調査を開始し“疑惑”が確認されたことを伝えている。

アストロズは2017年にワールドシリーズを制覇【写真:Getty Images】
アストロズは2017年にワールドシリーズを制覇【写真:Getty Images】

すでにMLBが2017年のアストロズの関係者を調査「約3か月間に渡り使用されていたことが確認」

 2017年シーズンにアストロズが電子機器を使った“サイン盗み疑惑”が米で大きな話題になっている。米メディアはすでにMLB機構が調査を開始し“疑惑”が確認されたことを伝えている。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 事の発端は2017年までアストロズに所属し、現在はアスレチックスでプレーするマイク・ファイアーズ投手が17年シーズンにチームがビデオカメラを使い相手捕手のサインを盗んでいたことを証言し大騒動に発展。MLB機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーも徹底的に調査することを宣言していた。

 米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「MLBはアストロズが2017年ポストシーズンにサイン盗みを行っていたか調査している」と、すでに“サイン盗み疑惑”の調査が開始されたことをレポート。

 記事では2017年のアストロズのAJ・ヒンチ監督を含めた首脳陣、スタッフ約20人に聞き取り調査を行ったことを言及し関係者の話によると「その調査では、ファイアーズが語ったシステムが2017年レギュラーシーズンの約3か月間に渡り使用されていたことが確認された」と“黒認定”されたことを伝えている。

 現在はポストシーズンでもサイン盗みが行われていたかを調査しているという。これまでゴミ箱などを叩き
相手の球種を打者に伝達していたことが伝えらている。記事の最後には「アストロズは2017年ポストシーズンに本拠地で8勝1敗だった」と、“神懸かり的”な強さをみせていたことを強調している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」