野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • やっぱり140km出てる!? また“超天才”少年の剛速球動画が登場「たった4歳」

やっぱり140km出てる!? また“超天才”少年の剛速球動画が登場「たった4歳」

ドミニカ共和国でまたも“超天才”剛速球少年の動画が拡散し、話題となっている。後方から撮影されている映像では、小さな男の子が捕手に向かって豪快な投球を披露。10月に話題となった4歳児と同一人物と思われ、その驚愕の球筋に衝撃が広がっている。

話題となっているドミニカ共和国の“超天才”剛速球少年(画像はスクリーンショット)
話題となっているドミニカ共和国の“超天才”剛速球少年(画像はスクリーンショット)

ドミニカ共和国に現れた超天才少年、フォロワーは「カブスはすぐ契約すべき」

 ドミニカ共和国でまたも“超天才”剛速球少年の動画が拡散し、話題となっている。後方から撮影されている映像では、小さな男の子が捕手に向かって豪快な投球を披露。10月に話題となった4歳児と同一人物と思われ、その驚愕の球筋に衝撃が広がっている。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 動画を投稿したのはドミニカメディア「Z101」のディレクター、ヘクトル・ゴメスさん。10月に4歳児が140キロは出ていようかという剛速球を投じる動画を公開し、話題となっていた。その時と同一人物と見られる少年の映像で、前回は捕手の後ろから撮影されていたが、今回は少年の後方からのアングルとなっている。

 大きく足を上げる投球フォーム。少年の腕から投じられたボールは、あっという間に捕手のミットへと吸い込まれる。ボールを受け取ると、少年は再び足を上げ、剛速球を披露。やはりかなりのスピードが出ていると見られ、2球ともミット音が響いている。

 前回は少年の出生証明書とみられる書類も紹介していたゴメス氏。今回は「炎」の絵文字を3つ添えている。「ベースボール・ブロス」もツイッターでゴメス氏の動画を紹介。「たった4歳」との説明が添えられており、フォロワーからは「7歳でトミー・ジョン手術」「カブスは彼と今すぐ契約すべき!」とコメントがついている。

 野球大国・ドミニカ共和国で“発見”された天才少年。将来、メジャーの舞台に立つことになるのだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」