野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平「守ってみたい」 “知将”マドン監督就任で6年ぶり外野手へ意欲

エンゼルスの大谷翔平投手が23日、都内のスポーツ用品大手「デサント」東京オフィスでFull-Count編集部のインタビューに応じ、外野手での出場へ意欲を燃やした。カブス前監督で知将として知られるジョー・マドン新監督が就任し、来季以降の二刀流起用法に注目が集まっている。右肘、左膝のリハビリ中の25歳は新指揮官との衝撃的な出会いや、日本ハム時代の14年から遠ざかっている外野手での出場への思いを告白。また、リアル二刀流やメジャーで経験のない1番スタメンへの前向きな姿勢を見せた。

単独インタビューに応じたエンゼルス・大谷翔平【写真:小倉元司】
単独インタビューに応じたエンゼルス・大谷翔平【写真:小倉元司】

大谷インタビュー第1弾、マドン監督はカブス入団交渉で私服登場「常識にとらわれない」

 エンゼルスの大谷翔平投手が23日、都内のスポーツ用品大手「デサント」東京オフィスでFull-Count編集部のインタビューに応じ、外野手での出場へ意欲を燃やした。カブス前監督で知将として知られるジョー・マドン新監督が就任し、来季以降の二刀流起用法に注目が集まっている。右肘、左膝のリハビリ中の25歳は新指揮官との衝撃的な出会いや、日本ハム時代の14年から遠ざかっている外野手での出場への思いを告白。また、リアル二刀流やメジャーで経験のない1番スタメンへの前向きな姿勢を見せた。

――新監督としてジョー・マドン氏が就任した。メジャー移籍を目指した17年オフに入団交渉で会っていた。

「(交渉では)どの球団の人たちもスーツを着てくる。ただ、マドン監督だけは私服で来ていて。本当に発想にとらわれないというか、そういうところにも、とらわれずに動く人なんじゃないかなと第1印象では思いました。この間(10月24日の監督就任会見)も会って挨拶をしました。もちろん(監督として16年に)世界一にもなってますし、何十年もスタッフとして球団に携わってきて……。自信みたいなモノは自ずと自分の中から溢れ出ているような感じはしました。ユニークな感じはしました」

――具体的にどのような衣装だったか。

「どんな感じだったか忘れましたけど、普通に私服でしたね。(交渉前からマドン監督の人柄を)聞いてはいたので、全然何も気にしなかったですけど、いざ……。他の人はみんなスーツだったので、監督だけという感じだったので。面白いなと」

――交渉中はどんな話術を。

「交渉の席では監督よりGMが話すので。そんなに監督が、ということはなかったです。ただ、雰囲気はありましたし、ユーモアのある監督だなと。テレビ越しの采配でも感じるところではあると思いますけど、常識にとらわれない、いろんな柔軟性を持って采配する方だなと見てて思いますね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」