野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平がイチロー氏から得た「自信」 草野球“初対戦”は「恐れ多いです」

エンゼルス・大谷翔平投手のインタビュー第2弾は、今季限りで現役引退した憧れのイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)について。一時帰国した23日に都内のスポーツ用品大手「デサント」東京オフィスで取材に応じた25歳は今オフに草野球デビューするイチロー氏との将来的な“初対戦”には「恐れ多いです」としたものの、レジェンドから学んだことを打ち明けた。また、日本人最速165キロの更新への意欲を見せるなど大いに語った。

単独インタビューに応じたエンゼルス・大谷翔平【写真:小倉元司】
単独インタビューに応じたエンゼルス・大谷翔平【写真:小倉元司】

大谷インタビュー第2弾、イチロー氏から「自分のポテンシャル、持っている物、日本でやってきたことを信じて」

 エンゼルス・大谷翔平投手のインタビュー第2弾は、今季限りで現役引退した憧れのイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)について。一時帰国した23日に都内のスポーツ用品大手「デサント」東京オフィスで取材に応じた25歳は今オフに草野球デビューするイチロー氏との将来的な“初対戦”には「恐れ多いです」としたものの、レジェンドから学んだことを打ち明けた。また、日本人最速165キロの更新への意欲を見せるなど大いに語った。

――今年の野球界の大きな話題の1つはイチローさんが現役引退したこと。イチローさんから引退会見で「世界一にならないといけない選手」とゲキを送られた。

「イチローさんが質問されたから言っただけでね。1人のファンからしたら『そういうことは聞かなくていいのにな』と思いましたけど。答えていただいて、ありがたいなという気持ちはあります。イチローさんから勉強になることもたくさんありますし、そうコメントしてもらえるだけでもありがたいなと思います」

――メジャー1年目のスプリングトレーニング中に自宅で打撃指導を受けた。イチローさんから学んで今に生きていることは。

「技術的な話は色々あると思う。『もっと自分を信じて』というか、『自分のポテンシャル、持っている物、日本でやってきたことを信じてやっていくのが大事』とおっしゃってもらった。それを誰が言うかが大事だと思うんです。イチローさんに言ってもらうのか、僕の父が言うのか。それは大きな違いなので。同じ言葉ですけど、とらえる側としては全く別物というか。どちらがいいかというのではなくて。イチローさんに言ってもらえるのは日本の野球選手からしたら、ないことだと思う。それは自信になりましたね」

――実際に会って野球の話をしたのは1年目のスプリングトレーニングだけか。

「今年、マリナーズは日本開幕戦だったのでスプリングトレーニングも早かった。(調整の)ペースも全然違ったので、実際に家に行ったりとかは今年はなかったです。僕も(右肘の)リハビリでバットを振れる状態でもなかったですし、まだティー打撃をやったりとかだったので(会う機会はなかった)。去年のオフに会ったりはしましたけど、挨拶をさせてもらっただけです。神戸へ仕事で行った時に、(イチローさんが)ほっともっと(フィールド神戸)でやっていたので、挨拶に行っただけです」

――イチローさんは12月に草野球デビューする。もし誘われたら……。

「僕はできないですよ。はい」

――イチローさんは引退会見で「対戦したかったですけど。できれば僕ピッチャー、翔平バッターでやりたかったです」と話していた。

「……恐れ多いです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」