野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人大竹や鷹柳田も1票獲得、ロッテ鈴木は4部門に…ベストナインの少数得票者は

25日に発表された2019年のベストナイン。セ・リーグ遊撃手部門で巨人の坂本勇人内野手が有効投票数297票中294票、パ・リーグ捕手部門で西武の森友哉捕手が有効投票数253票中251票を集めて、それぞれ最多得票でベストナインに輝いた。

ソフトバンク・柳田悠岐(左)とロッテ・鈴木大地【写真:藤浦一都、荒川祐史】
ソフトバンク・柳田悠岐(左)とロッテ・鈴木大地【写真:藤浦一都、荒川祐史】

セ遊撃手は2位の京田で2票、パ捕手も2位の甲斐が2票

 25日に発表された2019年のベストナイン。セ・リーグ遊撃手部門で巨人の坂本勇人内野手が有効投票数297票中294票、パ・リーグ捕手部門で西武の森友哉捕手が有効投票数253票中251票を集めて、それぞれ最多得票でベストナインに輝いた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2人のほかにもセ投手部門で巨人の山口俊投手、セ二塁手部門でヤクルトの山田哲人内野手、セ外野手部門で広島の鈴木誠也外野手が200票超え。パでは一塁手で西武の山川穂高内野手、三塁手で西武の中村剛也内野手、外野手では西武の秋山翔吾外野手とオリックスの吉田正尚外野手がそれぞれ200票を超える多くの票を得て選ばれた。

 ベストナインは全国の新聞、通信、放送各社に所属し、プロ野球取材経験5年以上の記者の投票によって決まる。様々な評価基準があり、票は割れるものだが、ここでは、投票数が5票以下の少数票が投じられた選手を見てみよう。

 まずはセ・リーグだ。

【投手】
大竹寛(巨人)1票
P・ジョンソン(阪神)1票
K・ジョンソン(広島)1票

【捕手】
小林誠司(巨人)5票
中村悠平(ヤクルト)2票
炭谷銀仁朗(巨人)1票

【二塁手】
糸原健斗(阪神)1票

【三塁手】
筒香嘉智(DeNA)2票

【遊撃手】
京田陽太(中日)2票
大和(DeNA)1票

【外野手】
青木宣親(ヤクルト)4票
糸井嘉男(阪神)3票
W・バレンティン(ヤクルト)2票
岡本和真(巨人)1票
神里和毅(DeNA)1票

 遊撃手部門の京田、大和はそれぞれ坂本に次ぐ2位、3位の選手。坂本が294票と大部分の票を集めたことで、2位でも2票という少数票になっている。

 また、巨人の岡本は一塁手として48票、三塁手として101票を集め、外野手でも1票と3つのポジションで得票。筒香も三塁手で2票、外野手で19票、村上宗隆も一塁手で49票、三塁手で12票と2つのポジションで投票されている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」