野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ山崎勝、現状維持の1500万円 今季15年ぶり無安打も「いっぱいヒットを打ちたい」

オリックスの山崎勝己捕手が26日、契約更改交渉を行い現状維持の年俸1500万円サインした。来季は2年契約最終年となる(金額は推定)。

契約更改に臨んだオリックス・山崎勝己【写真:橋本健吾】
契約更改に臨んだオリックス・山崎勝己【写真:橋本健吾】

来季が2年契約最終年を迎えるベテラン捕手

 オリックスの山崎勝己捕手が26日、契約更改交渉を行い現状維持の年俸1500万円サインした。来季は2年契約最終年となる(金額は推定)。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 今季は24試合に出場したが2005年以来、15年ぶりにノーヒットに終わり打率.000、0打点。それでもシーズンの大半を1軍で過ごしベテランとしてチームを支えた。最下位に終わった現状には「個人的にも貢献できす、長いシーズンでした」と語った。

 岸田の引退で来季は比嘉とともにチーム最年長になるが「まだまだ僕も選手なので個人のことを考えていきます。それがチームの為にもなるので。いっぱいヒットを打ってホームランを打ちたい。1年でも長く現役でいられるようにしがみついていきたい」と、来季38歳を迎えるベテランはどこまでも貪欲だった。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」