野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

明治神宮大会で「魂の50球」―鷹ドラ3津森に「勝利の方程式」入りの期待

ソフトバンクからドラフト3位指名を受けた津森宥紀投手(東北福祉大)が26日、仙台市内で入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1100万円で合意した(金額は推定)。

ソフトバンクから3位指名を受けた東北福祉大・津森宥紀【写真:高橋昌江】
ソフトバンクから3位指名を受けた東北福祉大・津森宥紀【写真:高橋昌江】

今年は不調も明治神宮大会で“復活”「この試合、楽しかった!」

 ソフトバンクからドラフト3位指名を受けた津森宥紀投手(東北福祉大)が26日、仙台市内で入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1100万円で合意した(金額は推定)。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 大学野球を引退してから10日。ソフトバンクのユニホームに袖を通し、帽子をかぶった津森は「実感が湧いてきました。少しずつプロの世界に近づいてきている感じはあります」と笑顔を見せた。

 和歌山東高から東北福祉大に進学し、1年春からマウンド経験を積んできた。リーグ戦や大学選手権で腕を磨き、2、3年と侍ジャパン大学代表で日の丸も背負った。昨年の大学選手権では大黒柱として14年ぶりの優勝に貢献。全4試合、18回2/3で防御率0.00の好成績を収めた。

 ところが、さらなる飛躍を期待された今年は不調に陥り、秋には右手人差し指を痛めた影響などで本来の投球ができなかった。「強気の投球」が持ち味だが、気持ちは空回りした。それでも、リーグ戦の最終節で人生初の満塁弾を浴びて「スッキリした」。明治神宮大会の東北地区代表決定戦、大会前のオープン戦で復調の兆しを見せると、今月16日の明治神宮大会初戦(東海大戦)で「魂の50球」を披露した。

 東北福祉大は5-8の7回表に同点に追いつき、その裏、津森の出番が回ってきた。この日のストレートはキレが抜群で、東海大打線を寄せ付けなかった。7、8回で5つの三振を奪うパーフェクトピッチング。味方の援護を待った。

 しかし、勝ち越しができない。そうこうしているうちに9回。1死から味方のエラーやミスが続発。2死満塁とされた。そして、50球目のストレートで投ゴロに打ち取ったが、打球は高く跳ねた。津森自らが冷静に捕球し、一塁へ送球したが、やや逸れてセーフ。8-9のサヨナラ負けで、津森の大学野球が終わった。

 打者12人で打たれた安打はゼロ。四死球もゼロで三振は6つ奪った。自責点もゼロながら、失点1で負け投手。試合には敗れたが、プロに向けて希望は見せた。「この試合、楽しかったです!」。大会後、津森はそう言った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」