野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

FA移籍の楽天・鈴木が背番号「7」に秘めた思い 「凄く光栄、嬉しい気持ち」

ロッテから国内FA権を行使して楽天に移籍した鈴木大地内野手が27日、楽天生命パーク宮城の「イーグルスドーム」で入団会見を行った。この日、4年総額7億円で正式契約を交わし、背番号はロッテ時代と同じ「7」に決まった。

入団会見に臨んだ楽天・鈴木大地【写真:高橋昌江】
入団会見に臨んだ楽天・鈴木大地【写真:高橋昌江】

4年総額7億円で正式契約を交わす

 ロッテから国内FA権を行使して楽天に移籍した鈴木大地内野手が27日、楽天生命パーク宮城の「イーグルスドーム」で入団会見を行った。この日、4年総額7億円で正式契約を交わし、背番号はロッテ時代と同じ「7」に決まった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 歓迎ムードに胸をなでおろし、改めて覚悟も固めた。会場には抽選に当選したファン50人が招待され、「7 大地」のボードを掲げて迎え入れた。ファンが会場に入ることを前日に知ったという鈴木は「石井(一久)GMに『お世話になります』と連絡を入れてから数日経ちました。正直、不安な気持ちもたくさんありましたが、こうやってファンの方々の前で正式にご挨拶することができ、この瞬間から『よし、やってやるぞ』という気持ちになりました」と決意表明した。

 鈴木は2011年のドラフト3位でロッテに入団。今季まで8シーズンで通算1061試合出場、打率.274、54本塁打、384打点の成績を残している。内野の全ポジションに加え、外野も守れる球界屈指のユーティリティープレーヤー。2014年から17年までキャプテンも務めた。楽天はその実績もさることながら、練習中や試合中の姿勢を評価した。石井GMは「基本的にはサードでやってほしい」と言い、その理由をこう話した。

「野球は間が多いスポーツ。何かあった時にピッチャーのところに行くとか、内野で1回集まろうよという時、内野の中に司令塔みたいな選手がいた方がいい。(鈴木は)浅村(栄斗)とはまた違うチームの引っ張り方をする。浅村は背中で引っ張っていく選手ですが、鈴木選手は前面に出て『さあ、頑張っていこうぜ』とチームを鼓舞することができる選手。そういう選手が内野にはいてほしいなと思っています」

 鈴木は「そういうところを評価していただいたのが、すごく嬉しい」と言った。ポジションについては「『与えられたポジションで全力を尽くす』ということにスタンスに変わりはない。内野で勝負したい気持ちはありますが、どのポジションでも『行けるか?』と言われたら、100%『はい』と言えるように準備をしていきたいと思っています」と、場合によってはどこでも守る覚悟だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」