野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム正捕手候補の清水、宇佐見が“火花”? 「ライバルじゃなくて、ドライバーです」

日本ハムの正捕手候補2人が火花を散らした。清水優心捕手と宇佐見真吾捕手が28日、札幌の球団事務所で契約更改交渉を行い、清水が600万円増の2600万円、宇佐見が400万円増の2000万円でサインした(金額は推定)。

契約更改を行った日本ハム・宇佐見真吾(左)、清水優心【写真:石川加奈子】
契約更改を行った日本ハム・宇佐見真吾(左)、清水優心【写真:石川加奈子】

清水は600万円増の2600万円、宇佐見は400万円増の2000万円でサイン

 日本ハムの正捕手候補2人が火花を散らした。清水優心捕手と宇佐見真吾捕手が28日、札幌の球団事務所で契約更改交渉を行い、清水が600万円増の2600万円、宇佐見が400万円増の2000万円でサインした(金額は推定)。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 先に契約を更改した23歳の清水が、正捕手獲りを力強く宣言した。「来年6年目になりますし、しっかり一人で出るつもりでやっていきたいと思います」。今季は1月に腰を手術して出遅れたものの、4月下旬に復帰すると、自己最多の98試合に出場し、打率.259の成績を残した。それでも「スタメンが少なかったので(68試合)、来年はスタメンで100試合以上出て、リーグ優勝、日本一に貢献したいです」と力を込めた。

 シーズン中に宇佐見が巨人からトレード移籍してきて、火がついた。「途中加入もありましたし、まだまだ自分も全然な成績なので、併用という形になっている。来シーズンは誰も文句を言わないぐらいの成績を上げたいです」と覚悟を示した。目指すのは、西武・森の打撃とソフトバンク・甲斐の守備。文句を言わせない数字として、打率2割7分を掲げた。

 今回の交渉で希望額には届かなかったことも大きなモチベーションになった。「評価してもらいましたけど、金額的に多少のズレはありました。球団からは『来年もっとやってくれたら上げるから』と言われたので、悔しい思いを来年ぶつけたいと思います。12月からは練習の鬼になります」と表情を引き締めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」