野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス捕手の系譜に新たな歴史 甲斐が背負う背番号「19」を振り返る

ソフトバンクは28日、2020年シーズンから甲斐拓也捕手の背番号を「62」から「19」に変更すると発表した。「19」は、ホークスでは不世出の大捕手、野村克也がつけた栄光の背番号だ。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

野村克也がつけた栄光の背番号「19」を来季から背負う

 ソフトバンクは28日、2020年シーズンから甲斐拓也捕手の背番号を「62」から「19」に変更すると発表した。「19」は、ホークスでは不世出の大捕手、野村克也がつけた栄光の背番号だ。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの前身である南海時代からの背番号「19」を見ていこう。()はポジションとつけていた期間。成績は「19」の期間だけのもの。

政野岩夫(投1938秋-1940)109試34勝50敗792回2/3 防御率2.20
神田武夫(投1941-1943)113試49勝35敗716回2/3 防御率1.36
大橋一郎(投1946)1試0勝0敗2回 防御率0.00
武末悉昌(投1949)51試21勝17敗333回1/3 防御率3.13
田中達夫(投1950-1951)30試4勝4敗90回2/3 防御率2.78
筒井敬三(捕1952-1955)237試531打125安8本50点7盗 打率.235
野村克也(捕1956-1977)2882試10198打2843安648本1952点115盗 打率.279
山内孝徳(投1981-1992)319試100勝125敗5S 1842回1/3 防御率4.43
大越基(投1993-1994)13試0勝0敗0S 27回1/3 防御率.3.95
(外1993-1994)8試3打0安0本0点1盗 防御率.000
ニコルズ(投1997)3試0勝0敗0S 3回 防御率3.00
永井智浩(投1998-2005)96試28勝21敗0S 439回2/3 防御率4.67
森福允彦(投2007-2016)384試16勝14敗18S 125H 330回1/3 防御率2.45
ミランダ(投2018-2019)26試13勝6敗0S0H 133回2/3 防御率3.37

 日本では「18」がエースナンバーとされる。その前後の背番号である「17」や「19」も投手が付けることが多かった。南海は1938年秋シーズンからペナントレースに参戦したが、エース格だった政野岩夫が初代「19」。アンダースローだった。のち中野正夫と改名。戦死した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」