野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ドラ8岸を変えた代表監督の言葉 「それができたらすぐにNPBにいけるよ」

今年のドラフトで埼玉西武ライオンズから8位指名を受けた徳島インディゴソックスの岸潤一郎外野手は、異色の経歴を持つ。高知・明徳義塾高では甲子園に4度出場。エースで4番を務め聖地を沸かせた。さらに3年時には、岡本和真内野手(巨人)、高橋光成投手(西武)らとともにU-18日本代表にも選出され、将来を嘱望される存在だった。しかし、進学した拓大では怪我に苦しみ、3年秋に野球部を退部。同時に大学も中退した。一度は野球を諦めたが、再びプロを目指し18年に徳島入り。野手として活躍し、独立リーグ2年目の今年、悲願のNPB入りを掴んだ。

西武から8位指名を受けた徳島インディゴソックスの岸潤一郎外野手と養父鐵氏(左から)【写真:養父鐵】
西武から8位指名を受けた徳島インディゴソックスの岸潤一郎外野手と養父鐵氏(左から)【写真:養父鐵】

四国アイランドリーグplus代表監督の養父鐵氏

 今年のドラフトで埼玉西武ライオンズから8位指名を受けた徳島インディゴソックスの岸潤一郎外野手は、異色の経歴を持つ。高知・明徳義塾高では甲子園に4度出場。エースで4番を務め聖地を沸かせた。さらに3年時には、岡本和真内野手(巨人)、高橋光成投手(西武)らとともにU-18日本代表にも選出され、将来を嘱望される存在だった。しかし、進学した拓大では怪我に苦しみ、3年秋に野球部を退部。同時に大学も中退した。一度は野球を諦めたが、再びプロを目指し18年に徳島入り。野手として活躍し、独立リーグ2年目の今年、悲願のNPB入りを掴んだ。

 四国アイランドリーグplus代表監督として、今年6月に行われた北米遠征で岸と1か月間を共にした養父鐵氏は、素晴らしい素材を持っていると岸を絶賛する。

「バッティングも思い切りがいいし、足も速い。打てなくても落ち込まず、試合後に一人でスイングをしている姿もよく見ました。自分の中で、その時その時に応じて対応できる。それに大舞台に強く、腹を決めて打席に入れます。それができなかったら、あれだけ甲子園で活躍できないと思います」

 NPBでも十分に通用すると認める養父氏だが、岸の行動で気になるところがあった。自分のチームのピッチャーが、打たれたりフォアボールを出してしまったときに、外野で守備に就きながら嫌な顔をしていたのだ。

「自分のチームのピッチャーが打たれたりフォアボールを出してしまったときに、センターから嫌な顔していたら、自分がスカウトだったら100パーセント取りません。そんな協力的ではなく、同じ方向を向けない選手はいらない。そこで一言『頑張れよ。みんな守ってるぞ』と言えるか言えないかで大きく変わると思います。岸には『改善してみたらいいじゃん、簡単なことじゃん。それができたらすぐにNPBに行けるよ』。そう言いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」