山口のポスティング申請完了 MLB公式は出場停止処分の過去も伝える

WBSCプレミア12でも活躍した巨人・山口俊【写真:Getty Images】
WBSCプレミア12でも活躍した巨人・山口俊【写真:Getty Images】

山口のポスティング申請が完了、締切は来年1月3日朝まで

 大リーグに挑戦する巨人の山口俊投手のポスティングシステム(入札制度)の手続きが完了し、譲渡金を支払う意思を持つMLB球団との交渉が解禁された。期限は来年1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)。MLB公式サイトは「読売ジャイアンツが右腕ヤマグチをポスティング申請」と伝えた。

 山口は今季15勝(4敗)、188奪三振、勝率.789で投手タイトル3冠を獲得。巨人のリーグVに貢献した。MLB公式は「ヤマグチは2019年にNPBのジャイアンツで170回、防御率2.91とし、先月東京で行われたWBSCプレミア12トーナメント決勝戦に先発登板し、1回自責3とした。2006年に横浜ベイスターズでデビューして2016年までプレーし、ジャイアンツに移籍。NPBで14シーズンプレーした。NPBでキャリア通算427試合に登板し、防御率3.35、WHIP1.24としている」と日本での活躍を紹介した。

 一方で山口が過去に犯した“不祥事”も伝えた。「読売での1年目の2017年後半戦、酒に酔った状態で病院の警備員に怪我をさせ、病院の器物を壊し、出場停止処分を受けた。利き手の治療のために病院を訪れたとされていた」と伝えた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY