野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹はバレンティンをどう使うのか? 他球団の脅威となる起用パターンを予想

ヤクルトの保留者名簿から外れ、ソフトバンクが獲得することが秒読みとなっているウラディミール・バレンティン外野手。2013年にプロ野球記録となる60本塁打を放ち、ヤクルトに在籍した9年間で8度の30本塁打超えを果たしている生粋の長距離砲だ。今季で国内FA権を取得し、来季から日本人扱いとなる。

ソフトバンクの獲得が秒読み状態と見られるウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】
ソフトバンクの獲得が秒読み状態と見られるウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】

バレ獲得のフロントの狙いは高いレベルで選手起用に幅を持たせること

 ヤクルトの保留者名簿から外れ、ソフトバンクが獲得することが秒読みとなっているウラディミール・バレンティン外野手。2013年にプロ野球記録となる60本塁打を放ち、ヤクルトに在籍した9年間で8度の30本塁打超えを果たしている生粋の長距離砲だ。今季で国内FA権を取得し、来季から日本人扱いとなる。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季、3年連続で日本一に輝いたソフトバンク。その選手層は他球団に比べると分厚く、充実の戦力を誇る。そこに加えてのバレンティン獲得。球団フロントは、常に高いレベルで状態の良い選手が試合に出られるように、選手起用に幅を持たせるための補強だとしているが、では、どのような起用法が見込まれるのか。

 現在、保留者名簿から外れ、球団とキューバ政府が交渉中のデスパイネ、グラシアルの残留が決まったと想定して、いくつかのパターンを考えてみよう。

○パターン1
捕 甲斐拓也
一 内川聖一(or中村晃)
二 牧原大成(or明石健志、周東佑京)
三 松田宣浩
遊 今宮健太
左 バレンティン
中 柳田悠岐
右 グラシアル
指 デスパイネ

 考えられるパターンで最も攻撃的に行くならば、この形か。左翼にバレンティンを置き、今季は主に左翼を守ったグラシアルを右翼に回す。バレンティン、グラシアル、デスパイネの3人を同時に起用するという布陣だ。ただ、右打者が7人に偏り、守備面には大きな不安が残る。

○パターン2
捕 甲斐拓也
一 内川聖一or松田宣浩
二 牧原大成(or明石健志、周東佑京)
三 グラシアル
遊 今宮健太
左 バレンティン
中 柳田悠岐
右 中村晃(or上林誠知)
指 デスパイネ

○パターン3
捕 甲斐拓也
一 グラシアル
二 牧原大成(or明石健志、周東佑京)
三 松田宣浩
遊 今宮健太
左 バレンティン
中 柳田悠岐
右 中村晃(or上林誠知)
指 デスパイネ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」