野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 西武山川2.1億円、外崎は1.4億円、DeNA今永は2倍超の1.36億円… 5日の主な契約更改

西武山川2.1億円、外崎は1.4億円、DeNA今永は2倍超の1.36億円… 5日の主な契約更改

西武は5日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、この日は3選手と来季の契約について合意した。外崎修汰内野手は倍増の1億4000万円でサイン。全ての数字でキャリアハイの成績を叩き出し、プロ5年目で大台に到達した。国内FA権を行使して西武に残留を決めた十亀剣投手は年俸変動制の3年契約を結んだ。来季は1900万円アップの年俸7000万円プラス出来高で臨む。2年連続本塁打王の山川穂高内野手は1億円増の年俸2億1000万円でサインした。

契約更改に臨んだ西武・山川穂高【写真:安藤かなみ】
契約更改に臨んだ西武・山川穂高【写真:安藤かなみ】

DeNA上茶谷は4300万円、FA宣言残留の西武十亀は年俸変動制の3年契約

 西武は5日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、この日は3選手と来季の契約について合意した。外崎修汰内野手は倍増の1億4000万円でサイン。全ての数字でキャリアハイの成績を叩き出し、プロ5年目で大台に到達した。国内FA権を行使して西武に残留を決めた十亀剣投手は年俸変動制の3年契約を結んだ。来季は1900万円アップの年俸7000万円プラス出来高で臨む。2年連続本塁打王の山川穂高内野手は1億円増の年俸2億1000万円でサインした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAの今永昇太投手は横浜市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、6900万円増の1億3600万円でサインした。今季は25試合に先発し、13勝7敗、防御率2.91とキャリアハイの成績を残した。上茶谷大河投手は3倍近い2800万円増の年俸4300万円でサイン。嶺井博希捕手は400万円増の3100万円、倉本寿彦内野手は1400万円減の5000万円で更改した。

 阪神の大山悠輔内野手が兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、1700万円増の年俸4700万円でサインした。今季は打率.258、14本塁打、76打点だった。青柳晃洋投手は1800万円増の3000万円で更改した。今季は4年目で初めて規定投球回数に到達し、9勝9敗だった。(金額はすべて推定)

 以下は5日の主な契約更改

■パ・リーグ

【西武】
外崎修汰内野手 7000万円→1億4000万円
十亀剣投手 5100万円→7000万円 ※年俸変動制の3年契約
山川穂高内野手 1億1000万円→2億1000万円

■セ・リーグ

【DeNA】
今永昇太投手 6700万円→1億3600万円
上茶谷大河投手 1500万円→4300万円
嶺井博希捕手 2700万円→3100万円
倉本寿彦内野手 6400万円→5000万円

【阪神】
大山悠輔内野手 3000万円→4700万円
青柳晃洋投手 1200万円→3000万円

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」