野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ西野、現状維持の2800万円で更改 後輩のドラ5勝俣に「負けるわけにはいかない」

オリックスの西野真弘内野手が6日、球団事務所で契約更改を行い現状維持の年俸2800万円でサインした(金額は推定)。

契約更改を行ったオリックス・西野真弘【写真:橋本健吾】
契約更改を行ったオリックス・西野真弘【写真:橋本健吾】

今季はプロ入り最少の56試合の出場、打率.241、1本塁打、14打点、1盗塁

 オリックスの西野真弘内野手が6日、球団事務所で契約更改を行い現状維持の年俸2800万円でサインした(金額は推定)。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季は体重を増やし臨んだシーズンだったが8月に「右太もも裏肉離れ」で離脱。さらにシーズン後には痛みを抱えていた「左足関節有痛性三角骨除去術」の手術を行うなど怪我に泣いた。

 プロ入り最少となる56試合の出場に留まり、打率.241、1本塁打、14打点、1盗塁。不本意なシーズンとなり「春先から体をコントロールできなかった。これをプラスに捉えて来年に繋げたい」と巻き返しを誓った。

 ドラフトでは国際武道大の後輩・勝俣翔貴内野手が5位で入団。右投げ左打ち、内野手ということもあり「もろ被りですね」と苦笑い。それでも、先輩の威厳を保つため「負けるわけにはいかないので頑張ります」と、大きな壁になるつもりだ。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」