野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA関根、メキシコWLで初の決勝打 打率7位浮上も貪欲「また上げていけるように」

DeNA関根、メキシコWLで初の決勝打 打率7位浮上も貪欲「また上げていけるように」

メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が4日(日本時間5日)、敵地で行われたアギラス・デ・メヒカリ戦に「1番・中堅」でフル出場し、延長10回にメキシコでは初となる決勝打を放ち、チームを5連勝へと導いた。5-4で勝利したオブレゴンは後期リーグ6勝3敗とし、単独2位に浮上した。

ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:球団提供】
ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:球団提供】

気温10度以下の寒さの中、延長10回に勝ち越し左前打を放つ

 メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が4日(日本時間5日)、敵地で行われたアギラス・デ・メヒカリ戦に「1番・中堅」でフル出場し、延長10回にメキシコでは初となる決勝打を放ち、チームを5連勝へと導いた。5-4で勝利したオブレゴンは後期リーグ6勝3敗とし、単独2位に浮上した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 関根はこの日、6打数3安打、1打点、1盗塁。打率もリーグ7位の.315まで上昇。出塁率も同7位の.393とし、得点はリーグトップに1差に迫る同2位の34得点。盗塁も14に増やし、同単独2位に浮上した。

 気温10度を下回る寒さの中で、試合を決めた。4-4で迎えた延長10回表。関根は2死一、二塁のチャンスで打席に立つと、2ストライクと追い込まれながらも左前に決勝適時打。吐く息が白くなる中、4時間41分の試合にケリをつけた。

 試合開始は午後7時半。試合終了は日付が変わった後の0時11分だった。打った相手はメキシコ代表歴があり、2017年WBCではメキシコ代表の予備登録投手にも選ばれているマリオ・メサ。150キロ超の速球を武器にする相手は3球続けて直球を投じたが、関根に軍配が上がった。8回には1死一、三塁のチャンスで投ゴロに倒れていた関根だが、次の打席でしっかりとベンチの期待に応えた。

「直球が速いという意識で打席に入った。1球で捉えられたらと思っていたので、思い通りにはいかなかったですが、追い込まれた後、なんとか打てた。(メヒカリは)寒いところで、まだ週の前半ですし、金曜日は移動ゲームになるので、(延長で決着が付かず)投手をたくさん使わなくてもいいように、1イニングでも早く終わらせられたらと思っていた」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」