野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 筒香はブルージェイズの「一塁手候補」 地元メディア「許容レベルの守備できるか」

筒香はブルージェイズの「一塁手候補」 地元メディア「許容レベルの守備できるか」

ポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指すDeNA筒香嘉智外野手が、ブルージェイズの一塁手候補であるとカナダ大手メディア「ザ・スポーツ・ネットワーク(TSN)」が伝えた。同メディアは「一塁は明らかな穴」として筒香の獲得を選択肢に挙げている。

去就に注目が集まるDeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】
去就に注目が集まるDeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】

カナダメディア「TSN」が指摘、ブルージェイズは一塁が「明らかな穴」

 ポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指すDeNA筒香嘉智外野手が、ブルージェイズの一塁手候補であるとカナダ大手メディア「ザ・スポーツ・ネットワーク(TSN)」が伝えた。同メディアは「一塁は明らかな穴」として筒香の獲得を選択肢に挙げている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 TSNは、24歳のロゥディ・テレスが「チーム内の選択肢である」としながらも、今季の出塁率が.293と低かったことに言及。「万能な打てる一塁手」の補強が必要であると指摘した。

 記事は「まず一塁手を探す点でブルージェイズが直面している問題が2つある。1つ目は今オフのFA市場に多くいないというシンプルなもので、(FAのジャスティン・)スモークを1年契約で残留させることが最高の解決策となるかもしれない」とした。さらに「2つ目はゲレーロJr.が一塁手にコンバートされるべきとほとんどの人が考えており、彼の今オフのこれから10週間の取り組み次第で、近い将来そうなるかもしれない」と解説している。

 そして「フィットするFA」として筒香を挙げている。「彼は(移籍)市場の一塁手候補の中で最も強みがある。問題はツツゴウが大半を外野としてプレーした後、一塁手として許容レベルの守備ができるか、誰にも分からないことである」と説明。

 続けて「横浜ベイスターズでの直近4シーズンで139本塁打を放っており、明らかにパワーがある。通算出塁率を.382としており、過去の成績は魅力的だが、この28歳は決して確実な存在ではない」とも指摘している。

 確かに一塁の守備は未知数だが、こなすことができれば大きな戦力となる。今後の展開が注目される。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」