野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

多ければ月収30万超えも… 鷹のハニーズから見る球団チアの“裏側”

ソフトバンクは7日、8日の2日間、福岡市内でオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」の2020年度のメンバーオーディションを開催した。最終審査を終えて決まった2020年度の新メンバーは来年1月に正式に発表される。

元ハニーズメンバーで現在ソフトバンク球団職員の関まどかさん【写真:福谷佑介】
元ハニーズメンバーで現在ソフトバンク球団職員の関まどかさん【写真:福谷佑介】

ソフトバンクのハニーズのオーディションが7日、8日に福岡市内で開催

 ソフトバンクは7日、8日の2日間、福岡市内でオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」の2020年度のメンバーオーディションを開催した。最終審査を終えて決まった2020年度の新メンバーは来年1月に正式に発表される。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 試合前のオープニングパフォーマンスやラッキー7での「いざゆけ若鷹軍団」などでファンとスタジアムを盛り上げるだけでなく、ファンとの交流や地域イベントに参加して球団とファンを繋ぐ存在となっている「ハニーズ」。その役割は多岐に渡る。

 球団の“チアチーム”はどう活動し、どういった日々を送っているのか。あまり表には出ない、その知られざる世界を元ハニーズメンバーで現在、ソフトバンクの事業統括本部マーケティング本部営業戦略部エンターテインメント推進課の関まどかさんに語ってもらった。

 関東、関西、そして福岡で3度のメンバーオーディションをへて決まった新メンバー。ダンスや特技、そして面接などが行われる審査は「1番大切なのはハニーズとして1年間活動していくにあたって、お客様と一緒に球場を盛り上げたいという気持ちだと思うので、そこの気持ちが強い子を見極めています」と厳しい目でメンバーを選考した。

 華やかな世界に見える球団の“チアチーム”ではあるが、実際はかなり「大変です。過酷ですね」と見た目以上に厳しい世界だという。関さん自身も2012年に初めてハニーズのメンバーになった際に「全然違うなという印象を受けました」と、見た印象とは異なる世界に衝撃を受けたという。

 合格者が決定すると、1月には新たな体制が始動する。「1月の上旬くらいから始動して練習が始まります。月曜から金曜までの週5回、1日だいたい5、6時間は練習します」。まずは徹底的に練習しダンスのスキルなどを鍛え上げる。週5日の練習は約2か月、オープン戦の始まるまでの2月いっぱい続く。その間でも前年度からの継続メンバーは週末に宮崎での春季キャンプに赴き、パフォーマンスやイベントなどを行う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」