野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 加藤豪将
  • マ軍とマイナー契約の加藤豪将 初昇格逃すも米メディアは今季を高評価「優れたシーズン」

マ軍とマイナー契約の加藤豪将 初昇格逃すも米メディアは今季を高評価「優れたシーズン」

ヤンキース傘下マイナーからFAとなっていた加藤豪将内野手がマーリンズとマイナー契約を結んだ。米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーマーズ」は「2019年に優れたシーズンを送った」などとして詳細を伝えている。

今季までヤンキース傘下・3Aスクラントンに所属していた加藤豪将【写真:Getty Images】
今季までヤンキース傘下・3Aスクラントンに所属していた加藤豪将【写真:Getty Images】

今季はヤ軍3Aで83試合出場、打率.279、11本塁打、39打点だった

 ヤンキース傘下マイナーからFAとなっていた加藤豪将内野手がマーリンズとマイナー契約を結んだ。米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーマーズ」は「2019年に優れたシーズンを送った」などとして詳細を伝えている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 同サイトは「2013年にカトウがドラフト2巡目で指名された際、ヤンキースのフロントオフィスにいた人物たちが、現在のマーリンズのフロントオフィスにいる」と移籍の背景を説明。「高順位での指名(66位)に幾分裏付けされているように、カトウはかつて、非常に将来性のある有望株だった」と指摘している。

 そして「カトウは(ヤンキースに)指名されて以来メジャー昇格を果たしていないが、この25歳の選手は2019年に優れたシーズンを送った」と伝えている。

 加藤は今季ヤンキース下3Aスクラントンで83試合に出場し、打率.279、11本塁打、39打点をマークした。新天地で飛躍を遂げて初のメジャー昇格なるか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」