野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元ロッテ捕手の醍醐猛夫氏が81歳で死去 71年に4打席連続本塁打、球宴4度出場

ロッテは、球団OBの醍醐猛夫氏が11日に白血病のため死去したと発表した。81歳だった。

醍醐猛夫氏のNPB通算成績
醍醐猛夫氏のNPB通算成績

早実高で2学年下の王貞治氏とバッテリーを組んで甲子園に出場した

 ロッテは、球団OBの醍醐猛夫氏が11日に白血病のため死去したと発表した。81歳だった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 捕手として活躍した醍醐氏は早実高時代に2学年下の王貞治氏とバッテリーを組み、1956年夏の甲子園に出場。翌57年に毎日(現ロッテ)に入団し、75年までプレーした(74年からコーチ兼任)。

 プロ通算1775試合に出場、1132安打、打率.234、81本塁打、472打点。1971年に4打席連続本塁打をマーク、オールスターに4度出場した。引退後はロッテのコーチ、2軍監督、スカウトを歴任した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」