野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 衝撃の21億円ダウン…牧場で足首骨折の“不良債権”選手が契約修正に合意

衝撃の21億円ダウン…牧場で足首骨折の“不良債権”選手が契約修正に合意

今年5月に牧場の穴にはまって足首を骨折し、シーズンを棒に振ったメッツのヨエニス・セスペデス外野手。2017年から4年総額1億1000万ドル(約120億円)の大型契約を結んでいたが、米メディアによると、契約最終年となる2020年の契約を、年俸2950万ドル(約32億円)から約21億円のダウンとなる1000万ドル(約11億円)以下に修正することで合意した。

メッツのヨエニス・セスペデス【写真:Getty Images】
メッツのヨエニス・セスペデス【写真:Getty Images】

メッツのヨエニス・セスペデス内野手が年俸32億円→11億円以下に

 今年5月に牧場の穴にはまって足首を骨折し、シーズンを棒に振ったメッツのヨエニス・セスペデス外野手。2017年から4年総額1億1000万ドル(約120億円)の大型契約を結んでいたが、米メディアによると、契約最終年となる2020年の契約を、年俸2950万ドル(約32億円)から約21億円のダウンとなる1000万ドル(約11億円)以下に修正することで合意した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ニューヨークのメディア「SNY」のアンディ・マルティーノ記者は、このほどセスペデスがメッツと契約の修正で合意したとレポート。さらに、NYメディア「ニューヨーク・ポスト」のジョエル・シャーマン記者は「2020年の年俸は当初の2950万ドル(約32億円)から1000万ドル(約11億円)を下回ることになるかもしれない。だが、出来高を含めれば、2000万ドル(約22億円)となる可能性がある」と伝えた。

 キューバ出身のセスペデスは2011年にドミニカに亡命し、2012年からアスレチックスへ。2013年、2014年とオールスターのホームランダービーを連覇し、2014年途中にはレッドソックスへ。2016年からメッツに加わり、2016年オフに4年契約を結んでいた。

 その後は故障続きで結果を残せず、2018年には両足のかかとの手術を受けた。復帰を目指していた最中の今年5月には、自身の持つ牧場で地面の穴にはまって転倒。右足首を骨折してシーズンを棒に振ることになった。来季が4年契約の最終年となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」