野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹がバレンティン獲得を発表! 背番号は4に決定「一員となれることに心から感謝」

ソフトバンクは16日、ヤクルトの保留者名簿を外れていたウラディミール・バレンティン外野手と来季の契約に合意したと発表した。年俸5億円の2年契約、背番号は「4」に決まった。なお、今季まで「4」を背負った川島慶三内野手は「99」に変更となることも発表された。

契約保留者選手名簿から外れていたウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】
契約保留者選手名簿から外れていたウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】

年俸5億円の2年契約の見込み、川島の背番号「99」になることも発表

 ソフトバンクは16日、ヤクルトの保留者名簿を外れていたウラディミール・バレンティン外野手と来季の契約に合意したと発表した。年俸5億円の2年契約、背番号は「4」に決まった。なお、今季まで「4」を背負った川島慶三内野手は「99」に変更となることも発表された。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2011年にヤクルトに入団したバレンティン。2013年にはプロ野球記録となるシーズン60本塁打を記録し、入団から4年連続で30本塁打を放った。2015年こそ怪我などがあったが、2016年から再び4年連続で30本塁打をマーク。今季も33本塁打を放ち、ヤクルトに在籍した9年間で8度も30本塁打超を放ってきた。

 今季中に国内FA権を取得したため、来季からは外国人枠から外れて日本人扱いになる。ヤクルトも残留を求めて交渉を続けていたが、保留者名簿の提出期限までに合意に至らず。保留者名簿から外れ、他球団との交渉が可能になったことで、かねて関心を持っていたソフトバンクがアタックをかけて合意にこぎつけた。

 ソフトバンクは3年連続の日本一に輝き、戦力層は12球団随一。それでも、フロントはより高いレベルで幅のある選手起用を可能にするためにバレンティンの獲得に動いていた。

 バレンティンは球団を通じて「この度、ソフトバンクホークスの一員になれた事に心から感謝しています。僕にとってはとても光栄なことであり、非常に喜んでいます。また、新しい環境で好きな野球が出来ることに幸せを感じています。日本でのこれまでの経験を活かし、2020年のホークスのリーグ優勝、4年連続日本一を果たす為、全力を尽くします。福岡のファンの皆さんに会うのを楽しみにしています」とコメントした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」