野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 21億円ダウンに驚きと同情… 牧場で骨折した選手の契約修正に賛否「どうやって生き延びる?」

21億円ダウンに驚きと同情… 牧場で骨折した選手の契約修正に賛否「どうやって生き延びる?」

今年5月に牧場の穴にはまって足首を骨折し、シーズンを棒に振ったメッツのヨエニス・セスペデス外野手。2017年から4年総額1億1000万ドル(約120億円)の大型契約を結んでいたが、契約最終年となる2020年の年俸を2950万ドル(約32億円)から約21億円ダウンとなる1000万ドル(約11億円)に修正することになった。

メッツのヨエニス・セスペデス【写真:Getty Images】
メッツのヨエニス・セスペデス【写真:Getty Images】

メッツのセスペデスは来季の契約を年俸32億円から11億円以下に修正

 今年5月に牧場の穴にはまって足首を骨折し、シーズンを棒に振ったメッツのヨエニス・セスペデス外野手。2017年から4年総額1億1000万ドル(約120億円)の大型契約を結んでいたが、契約最終年となる2020年の年俸を2950万ドル(約32億円)から約21億円ダウンとなる1000万ドル(約11億円)に修正することになった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 キューバ出身のセスペデスは2011年にドミニカに亡命し、2012年にアスレチックスへ。2013年、2014年とオールスターのホームランダービーで連覇し、2014年途中にはレッドソックスへ。2016年からはメッツに加わり、2017年から大型の4年契約を結んでいた。

 だが、2017年以降は故障続きで、目立った活躍はできず。2018年には両足かかとの手術を受けた。今季はその手術からの復帰を目指していたが、5月に自身の牧場で地面の穴にハマり、右足首を骨折。1試合も試合に出られないまま、シーズンが終了した。

 2017年は81試合、2018年は38試合、そして今季は0試合と期待に応えられていないセスペデス。今回の契約の修正に対して、ファンの間には驚きと好意的な声が上がった。

 セスペデスの契約変更を真っ先に伝えたニューヨークのTV局「SNY」のアンディ・マルティーノ記者は自身のツイッターで「2020年はより好ましい年俸の状況になることは目に見えている」とレポート。これに対してファンからは「OK、いいね」「ちょって待て、なんだって?」「メッツのGMはヨエニスの代理人だったね」「ワォ、予想外だ」「彼は無償でプレーすべきだ」「爆笑」とのコメントが並んだ。

 また、「セスペデスは2019年の2900万ドルから幾分か減額となった。(セスペデスにとってのさらに大きな)損失は、2020年の年俸2950万ドル(約32億円)が1000万ドル(約11億円)以下になるということだ」と衝撃の21億円ダウンを伝えたNYメディア「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマン記者のツイッターには「彼がもらえるのは1000万ドル以下になるって? どうやって生き延びていくんだ?」と同情の声もあがっていた。

 さらには「つまりメッツは1900万ドル(約21億円)を浮かせられる可能性があるのか??? そのお金は何に使われるんだろう」とメッツの今後の補強策に期待する声も数多く寄せられた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」