野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最下位ヤクルトの戦力整理…バレンティンが鷹移籍、館山や畠山が現役退く

2年連続のCS進出を狙ったが、最下位に沈んだヤクルト。第2次小川政権2年目となった今季は59勝82敗2分の借金23、5位の中日に9ゲーム差をつけられる屈辱的なシーズンとなった。小川監督は監督を退任しGMに就任し、2軍監督を務めていた高津臣吾氏が新監督に就任する。

ソフトバンク入団が決まったウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】
ソフトバンク入団が決まったウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】

大物助っ人エスコバー、前楽天の嶋を獲得、ドラフトでは奥川を引き当てる

 2年連続のCS進出を狙ったが、最下位に沈んだヤクルト。第2次小川政権2年目となった今季は59勝82敗2分の借金23、5位の中日に9ゲーム差をつけられる屈辱的なシーズンとなった。小川監督は監督を退任しGMに就任し、2軍監督を務めていた高津臣吾氏が新監督に就任する。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 来季に向けた補強の目玉として、2015年にロイヤルズでア・リーグ優勝決定シリーズMVPにも輝いて世界一に貢献し、今季はホワイトソックス傘下でプレーしたアルシデス・エスコバー内野手を獲得。今季メジャー36試合に登板したガブリエル・イノーア投手、楽天を退団していた嶋基宏捕手もチームに加えた。ドラフトでは3球団競合となった星稜・奥川恭伸投手の1位指名に成功した。

 一方で、多くの功労者が退団した。館山昌平投手、寺原隼人投手、畠山和洋内野手、三輪正義内野手が現役引退。ウラディミール・バレンティン外野手はソフトバンクへの移籍が決まり、デービッド・ブキャナン投手、デーブ・ハフ投手は保留者名簿から外れて自由契約となった。また、村中恭兵投手、大引啓次内野手ら6選手が戦力外になった。

 ここでは今季で引退、戦力外となった選手の実績などを振り返ってみよう。

○館山昌平投手(現役引退→楽天2軍投手コーチ)
 日本大から2002年のドラフト3位で入団。2年目の2004年キャンプ中に右肘の靭帯を断裂してトミー・ジョン手術を受けると、10勝をマークした2005年オフには再手術した。2008年に12勝3敗、防御率2.99の成績で最高勝率、2009年には16勝6敗、防御率3.39で最多勝のタイトルを獲得した。2012年まで5年連続2桁勝利。その後は2013、14年にもトミー・ジョン手術を受けながらも、2015年には6勝3敗、防御率2.89とリーグ優勝に貢献した。現役時代に3度のトミー・ジョン手術を含め、計9度の手術を受けた。通算279試合85勝68敗10セーブ24ホールド、防御率3.32。

○寺原隼人投手(現役引退→琉球コーチ)
 日南学園から2001年のドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。当時の高校生最速となる155キロを記録するなど注目を集め、1年目の2002年から14試合に登板し6勝2敗、防御率3.59の成績を残した。2006年に多村仁外野手とのトレードで横浜に移籍し、初の2桁勝利となる12勝をマーク。2011年にはオリックスにトレード移籍して2度目の2桁勝利。2013年にFAでソフトバンクに復帰、2019年には戦力外となりヤクルトに加入した。通算303試合73勝81敗23セーブ12ホールド、防御率3.88。来季からは沖縄初のプロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」のコーチに就任する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」