野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 牧場で足骨折のメッツ外野手、21億円減俸は不良債権化の“しわ寄せ”? 米記者酷評

牧場で足骨折のメッツ外野手、21億円減俸は不良債権化の“しわ寄せ”? 米記者酷評

メッツのヨエニス・セスペデス外野手が来季の契約を年俸2950万ドル(約32億円)から21億円のダウンとなる1000万ドル(約11億円)に修正することに合意したことに反響が広がっている。今年5月に自身の牧場の穴にはまって足首を骨折。シーズンを棒に振ったことが今回の契約変更の一因となった。

メッツのヨエニス・セスペデス【写真:Getty Images】
メッツのヨエニス・セスペデス【写真:Getty Images】

米記者はヤンキース契約解除のエルズベリーと同列に並べる

 メッツのヨエニス・セスペデス外野手が来季の契約を年俸2950万ドル(約32億円)から21億円のダウンとなる1000万ドル(約11億円)に修正することに合意したことに反響が広がっている。今年5月に自身の牧場の穴にはまって足首を骨折。シーズンを棒に振ったことが今回の契約変更の一因となった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 キューバ出身のセスペデスは2011年にドミニカに亡命。2012年にアスレチックスへ入団すると、レッドソックスを経て2016年からメッツへ加入した。2016年オフには4年総額1億1000万ドル(約120億円)の大型契約を結んだが、その後は故障が続き今季は出場なし。チームの“不良債権”と化していた。

 そのセスペデスが21億円という大幅なダウンでの契約変更を受け入れたことに米球界には衝撃が走った。ニューヨークの地元紙「NYポスト」のジョエル・シャーマン記者は自身のツイッターで
「球団は選手が契約違反した時でも、必ずしも(減額するために)苦情の申し立てを行うわけではない」とし、今回の契約修正は“異例”だとした。

 シャーマン記者はジャイアンツからダイヤモンドバックスへの移籍が決まったマディソン・バムガーナー投手を例に出し「2017年にサンフランシスコ・ジャイアンツのバムガーナーが自転車事故を起こして、プレーが出来なかったときに、ジャイアンツはそうすることもできたが、そうしなかった。ジャイアンツは彼と彼の契約に満足してたからだろう」と指摘している。

 これと対照的な事例として挙げられるのが今回のセスペデスと、ヤンキースから契約を解除されたジャコビー・エルズベリー外野手。エルズベリーは2014年に7年総額1億5300万ドル(約167億円)の契約でヤンキースに入団しながら、度重なる故障で最近2年間はメジャーでの出場なしに終わった。

 そんなエルズベリーに対し、ヤンキースは年俸を含めて2600万ドル(約28億円)の支払い義務を残してまで契約解除を選択。しかしエルズベリーが球団指定の医療機関で治療を受けなかったことが発覚し、ヤンキースは支払いの一部を拒否する姿勢を見せている。

 メッツもセスペデスに対して苦情の申し入れを行い、結局セスペデスが21億円の減額に合意する形で事態が収束。シャーマン記者は「ヤンキースのエルズベリーとメッツのセスペデスの場合は、球団がその契約に対し憎しみを覚えていたため、苦情を申し立てた」と記し、それほどまでにセスペデスとエルズベリーの契約がチームにとっては許しがたい“不良債権”となっていたと言えるだろう。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」