野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中&黒田がヤンキース10年代ベスト9に 地元TV局選出もファンからは議論噴出

田中&黒田がヤンキース10年代ベスト9に 地元TV局選出もファンからは議論噴出

今季は7年ぶりにア・リーグ東地区を制したが、リーグ優勝決定シリーズでアストロズに敗れたヤンキース。2010年代は1度もワールドシリーズに進めない屈辱を味わったが、地元TV局「SNYTV」の番記者スウィーニー・ムルティ氏は、そんな10年間のベストナインを発表。日本選手では田中将大投手、黒田博樹氏が選出されている。

ヤンキース10年代ベストナインに黒田博樹氏と田中将大が選出【写真:Getty Images】
ヤンキース10年代ベストナインに黒田博樹氏と田中将大が選出【写真:Getty Images】

田中は2014年から6年連続2桁勝利で75勝、黒田氏は2012年からの3年間で38勝

 今季は7年ぶりにア・リーグ東地区を制したが、リーグ優勝決定シリーズでアストロズに敗れたヤンキース。2010年代は1度もワールドシリーズに進めない屈辱を味わったが、地元TV局「SNYTV」の番記者スウィーニー・ムルティ氏は、そんな10年間のベストナインを発表。日本選手では田中将大投手、黒田博樹氏が選出されている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 先発投手には、メジャー通算256勝のアンディ・ペティット氏、251勝のCC・サバシア氏と並んで田中、黒田氏らが選出された。田中は加入した2014年から6年連続2桁勝利で75勝、黒田氏は2012年からの3年間で38勝と堂々の成績を残している。

 また、スーパースターのデレク・ジーター氏とアレックス・ロドリゲス氏は、2010年代にはすでにキャリアの終盤に差し掛かっており選出されず。ファンはコメント欄で議論を展開。多くのコメントがついている。

「クロダって誰?」

「クロダは、彼がニューヨークにいた間のベストのスターターだったのに、みんなが彼の名前を知らないのは悲しい」

「Aロッドを選ばなかった?」

「三塁はAロッドでしょう」

「ジーターが僕にとってベストの遊撃手」

「これは酷い」

「これを作った人はクビになるべき」

 サンチェス、ガードナー、ジャッジら現在も主力の選手たちが多く選ばれた。2020年代は好スタートを切れるのか注目だ。

【スウィーニー・ムルティ氏選出、直近10年のヤンキースのベストナイン】

捕手:ゲイリー・サンチェス
一塁手:マーク・テシェイラ
二塁手:ロビンソン・カノ
三塁手:ミゲル・アンドゥハー/ジオバニー・ウルシェラ
遊撃手:ディディ・グレゴリウス
左翼手:ブレット・ガードナー
中堅手:カーティス・グランダーソン
右翼手:アーロン・ジャッジ
指名打者:ニック・スウィッシャー
先発投手:CC・サバシア、田中将大、黒田博樹、ルイス・セベリーノ、アンディ・ペティット
救援投手:デリン・ベタンセス
監督:ジョー・ジラルディ

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」