野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園“6連覇”中…縁起のいいパワプロ音楽、サウンドクリエイターの思い

「実況パワフルプロ野球」シリーズの誕生25周年を記念して、初の記念コンサートが開催されている。21日には新宿・東京オペラシティのコンサートホールで東京公演が行われるが、歴代のシリーズOP主題歌や作中で使用されている試合曲のメドレーなど豪華演目をウインドオーケストラによる演奏でファンに届ける予定となっている。

パワプロシリーズのリードサウンドクリエイターを務める渡邊紀如さん【写真:安藤かなみ】
パワプロシリーズのリードサウンドクリエイターを務める渡邊紀如さん【写真:安藤かなみ】

25周年記念コンサートで21日に東京公演、豪華演目をウインドオーケストラで演奏

「実況パワフルプロ野球」シリーズの誕生25周年を記念して、初の記念コンサートが開催されている。21日には新宿・東京オペラシティのコンサートホールで東京公演が行われるが、歴代のシリーズOP主題歌や作中で使用されている試合曲のメドレーなど豪華演目をウインドオーケストラによる演奏でファンに届ける予定となっている。

「25周年で何かできないかというところから始まって、『25年間で一度もコンサートをやったことがないよね』『ちょうどいいタイミングだからコンサートに踏み切らないか』『じゃあやりましょう』という流れで開催することになりました」と今回のコンサート開催にあたってのいきさつを語ってくれたのは、リードサウンドクリエイター・渡邊紀如(わたなべのりゆき)さん。パワプロシリーズの制作を音楽面から支えてきたクリエイターだ。

 兄の影響で音楽を始め、学生時代はバンド活動に打ち込んだ渡邊さん。バンド活動を続けるか、就職してゲーム音楽を制作するかで悩んだ末に2009年に(株)コナミデジタルエンタテインメントにコンポーザーとして入社。すぐにパワプロシリーズを担当することになり、「実況パワフルプロ野球 ポータブル4」(パワポタ4)での楽曲制作からそのキャリアをスタートさせた。

 パワプロチャンピオンシップステーマソング「Flying High」などを数々の楽曲を手がけた渡邊さん。中でも一番思い入れがあるというのが「パワプロ2016」のOP主題歌「Never-Ending tale」だ。「パワプロ2016」ではサクセス20周年ということもあり、パワフェス(パワフルフェスティバル)モードが誕生。「ゲームの主題歌はその作品の世界観を決める」。パワフェスで登場した熱盛宗厚という新キャラクターが作品を大きく盛り上げたように、OP楽曲や映像でもお祭り感を全面に出した仕上がりとなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」