野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹ドラ1佐藤がプロ入りまで成長できた理由 恩師語る「これだけ人は変わるんだ」

ソフトバンクのドラフト1位ルーキー佐藤直樹外野手の激励会が21日、神戸市内で行われ母校の報徳学園OBや関係者ら約100人が集まった。同校・大角健二監督は教え子のプロ入りに「1軍で活躍して、その先はメジャーに行くぐらいになってほしい」とエールを送った。

激励会に出席したソフトバンクのドラ1・佐藤直樹【写真:橋本健吾】
激励会に出席したソフトバンクのドラ1・佐藤直樹【写真:橋本健吾】

報徳学園の激励会に参加したソフトバンクのドラフト1位・佐藤直樹外野手

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー佐藤直樹外野手の激励会が21日、神戸市内で行われ母校の報徳学園OBや関係者ら約100人が集まった。同校・大角健二監督は教え子のプロ入りに「1軍で活躍して、その先はメジャーに行くぐらいになってほしい」とエールを送った。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 当時は部長としてチームを指導していた大角監督。高校時代は抜群の身体能力を誇りながらも怪我も多く、どこか殻を破れない佐藤の姿に「足、肩、パワーは当時から凄かった。だけど、悪さもしたし、目を盗んでは手を抜く。何回も怒った記憶がありますね」と振り返った。

 転機となったのは高校卒業後。JR西日本で野球人として社会人としても揉まれ人間力が高まったという。母校に戻ってきた姿を見た時には「肉体的な能力だけじゃなくて表情、言葉遣いなど素晴らしい変化を見せてくれた。これだけ人は変わるんだと感動したし、本当にプロを目指しているんだと感じました」と目を細め、成長を感じ取った。

 佐藤自身も「高校時代はたくさんご迷惑をかけたと思いますが。でも、僕の野球の原点は報徳学園。夢の舞台に挑戦できるようになったので結果を残して恩返ししたい」と意気込みを口にする。

 昨年は広島に指名された小園海斗、そして今年は佐藤直樹と2年連続でドラフト1位指名選手を輩出。大角監督は「リーグは違うが切磋琢磨してお互いを高め合ってほしい。1軍で活躍してその先はメジャーに行くぐらいになってほしい」とプロでの活躍を願っていた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」