野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー氏、現代を生きる少年少女へ伝えたいこと「自分で自分を教育しないと」

イチロー氏、現代を生きる少年少女へ伝えたいこと「自分で自分を教育しないと」

今年3月に現役を引退したマリナーズのイチロー会長付き特別補佐兼インストラクターが22日、愛知・豊山町の社会教育センターで行われた「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席した。自身が大会の会長を務める同大会は今年の第24回大会が最後。黒のスーツ姿で登場したレジェンドは指導者転身への思いを打ち明け、故郷の野球少年、少女へメッセージを送った。

「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席したイチロー氏【写真:編集部】
「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席したイチロー氏【写真:編集部】

イチロー氏が閉会式に出席、指導者転身へ意欲「みんなと別の場所でまた会うことができるかも」

 今年3月に現役を引退したマリナーズのイチロー会長付き特別補佐兼インストラクターが22日、愛知・豊山町の社会教育センターで行われた「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席した。自身が大会の会長を務める同大会は今年の第24回大会が最後。黒のスーツ姿で登場したレジェンドは指導者転身への思いを打ち明け、故郷の野球少年、少女へメッセージを送った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 球界の未来を支える野球少年と少女へ――。イチロー氏はシーンと静まり返った会場で熱く切り出した。

「これからみんなが野球を続けていくかどうかは分からないけど、僕は先日、学生野球資格回復という研修を受けてきまして。ひょっとしたら、みんなと別の場所でまた会うことができるかもしれない。なるべく、みんなにこれから野球を続けて欲しいなと思っています」

 12月中旬に「学生野球資格回復制度」の研修会を受講。来年2月7日の日本学生野球協会による審査を経て、翌8日から指導が可能になるが、まずは「指導者・イチロー」としての再会を約束した。

 イチロー杯の大会会長としての最後のメッセージ。少年少女へ身振り手振りを交えて話す姿は、“イチロー先生”だった。テーマは2つ。1つ目は自分自身を律し成長へつなげることだ。

「教えてくれる人たち、先生たちは、なかなか(厳しく言うのが)難しいらしい。先生よりも生徒の方が力加減でいうと強くなってしまっているような状況があるみたい。このことを僕は今、心配している。『どうやって教育するんだろう』とよく考えることがあります」

「みんな小学生だけど、高校、大学、社会人になる前に経験する時間、そこで自分自身を自分で切り開いてほしいと思います。厳しく教えるのが難しい時代、自分で自分のことを教育しないといけない時代に入ってきた。自分は小、中、高となかなかそうは思えなかった。自分には厳しい先生がいた。今を生きているみんなには、それが大切なことと覚えておいていってほしい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」