野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・千賀「全く違う評価を」 同じ13勝でも昨オフ3500万円増、今オフ1.4億円増はなぜ?

ソフトバンクの千賀滉大投手が23日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の年俸1億6000万円から1億4000万円増となる年俸3億円で契約を更改した。(金額は推定)

契約更改に臨んだソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

今季は1年間フルにローテを守り抜き、12球団トップの180イニング超を投げる

 ソフトバンクの千賀滉大投手が23日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の年俸1億6000万円から1億4000万円増となる年俸3億円で契約を更改した。(金額は推定)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1億4000万円もの大幅アップに千賀も満足な表情だった。交渉後の会見では「最大限の評価をしてもらいました。1年間責任感を持って過ごさないといけないなと思いました」とコメントし、来季への決意を口にした。

 今季は1年間フルにローテを担い、自己最多となる26試合に先発した。9月6日のロッテ戦では育成選手として初となるノーヒットノーランを達成するなど、13勝8敗、防御率2.79の好成績をマーク。リーグ優勝こそ逃したが、エース、大黒柱としてチームの3年連続日本一に貢献した。

 13勝は昨季と同じ数字。8敗は昨季よりも1つ多かった今季の千賀。ただ、昨オフは1億2500万円からわずか3500万円増の1億6000万円でサイン。同じ13勝だった一昨年オフが6000万円増だったことを考えても、昨季のアップはわずかなものだった。一転、今季は同じ13勝でも、ほぼ倍となる1億4000万円の大幅アップだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」