野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・今宮は2.9億円でサイン 来季が4年契約2年目「来年はフルで戦えるように」

ソフトバンクの今宮健太内野手が25日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の年俸2億6000万円から3000万円増となる2億9000万円で契約を更改した。昨オフに変動制の4年契約を結んでおり、来季はその2年目となる。(金額は推定)

契約更改に臨んだソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

今季は太ももの故障で離脱もあり、106試合の出場に終わる

 ソフトバンクの今宮健太内野手が25日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の年俸2億6000万円から3000万円増となる2億9000万円で契約を更改した。昨オフに変動制の4年契約を結んでおり、来季はその2年目となる。(金額は推定)

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季は開幕直後から課題としていた打撃面が好調。シーズン序盤には打率3割台半ばまで浮上させてリーグ首位打者に立って成長を感じさせた。だが、左太もも裏の故障で6月半ばに登録抹消。1軍復帰後も不安を抱えたまま、プレーを続けていた。

 今季は106試合の出場にとどまり、打率も昨季を下回る.256に。本塁打はキャリア最多タイとなる14本塁打を放ったものの、41打点も昨季を下回った。クライマックスシリーズファイナルステージでは第4戦で5打数5安打3本塁打6打点1四球という驚異的な活躍を見せて、日本シリーズ進出に貢献。CSのMVPに選ばれた。

 交渉後の会見では「今年が今年だっただけに、来年は結果を残してチームを引っ張ってやりたい気持ちがある。打つこともそうだし、今年は守る方が散々だったので投手に迷惑をかけた。怪我を治して、フルで戦えるようにやっていきたい」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」