野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

体が大きくなり、もうパツパツ…燕・寺島が全国制覇の母校ユニホーム姿を披露

ヤクルトの寺島成輝投手が自身のインスタグラムで今夏の甲子園を制した母校・履正社のユニホーム姿を披露している。2016年の3年夏の甲子園に出場した左腕にファンからは「懐かしい」「絵になります」と当時を回想するコメントや「イケメン」「かっこいい」などと絶賛されている。

ヤクルト・寺島成輝【写真:荒川祐史】
ヤクルト・寺島成輝【写真:荒川祐史】

2016年夏の甲子園出場、ファンからは「懐かしい」との声も…

 ヤクルトの寺島成輝投手が自身のインスタグラムで今夏の甲子園を制した母校・履正社のユニホーム姿を披露している。2016年の3年夏の甲子園に出場した左腕にファンからは「懐かしい」「絵になります」と当時を回想するコメントや「イケメン」「かっこいい」などと絶賛されている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 寺島は「先日、恥ずかしながら着る機会がありました ガッツポーズ。恥」と照れながらも、名門のユニホームを紹介。1学年下の安田尚憲内野手(現ロッテ)とともに甲子園に出場。聖地のマウンドで150キロをマークした投球は圧巻だった。今季は中継ぎも経験。来季、期待がかかる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」