鷹・上林、なぜ異例の文書で契約更改に? 三笠GMが説明「トレーニングを…」

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

上林のトレーニングの予定と球団側の日程が合わずに異例の形式に

 ソフトバンクは26日、上林誠知外野手が25日に来季の契約を更改したと発表した。本来は球団事務所で直接交渉を行うが、球団によると、面談の日程が調整できず、文書での交渉を行うという異例の形式となった。

 この異例の形式となったことに、球団の三笠杉彦GMは「イレギュラーな形ではありますが、合意していた。彼も休んでいるわけでなく、トレーニングをしているということで、日程が合わなかった。無理してそのために来ることもない。年明けもトレーニングの予定があるということでこうなった」と説明した。

 上林のトレーニングの予定と、球団側のスケジュールが合わなかった。下交渉で条件面は合意していたため、この形となった。「皆さんが思っているほどのことではない。イレギュラーとは思うけども、話をする機会もある」と三笠GM。双方の合意のもとで、この文書での契約更改を認めることになったようだ。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY