野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 20歳マイナーリーガー“初任給”は3万6000円! 元大リーガー告白「衝撃を受けた」

20歳マイナーリーガー“初任給”は3万6000円! 元大リーガー告白「衝撃を受けた」

メジャーでは活躍次第で大金を手にすることができる一方、メジャー昇格するまでは過酷な生活を過ごす。マイナーリーガーの給与明細が公開され、その年俸の低さが米国で話題となったが、それは今も昔も変わりないようだ。米メディア「ジ・アスレチック」は1996年から9年間活躍した元メジャーリーガーの特集記事を掲載。“初任給”の手取りが327ドル(約3万6000円)と衝撃的な内容となっている。

フィリーズなどで活躍したダグ・グランビル氏【写真:Getty Images】
フィリーズなどで活躍したダグ・グランビル氏【写真:Getty Images】

カブス、フィリーズで通算1100安打を記録したダグ・グランビル氏がマイナー時代を述懐「貧困から脱することはできない」

 メジャーでは活躍次第で大金を手にすることができる一方、メジャー昇格するまでは過酷な生活を過ごす。マイナーリーガーの給与明細が公開され、その年俸の低さが米国で話題となったが、それは今も昔も変わりないようだ。米メディア「ジ・アスレチック」は1996年から9年間活躍した元メジャーリーガーの特集記事を掲載。“初任給”の手取りが327ドル(約3万6000円)と衝撃的な内容となっている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

「ジ・アスレチック」が特集したのはダグ・グランビル氏。1991年ドラフト1巡目(全体12位)でカブス入りし、96年にメジャーデビュー。フィリーズなどでメジャー通算9年間でプレーし、通算1100安打、168盗塁を記録。2002年には年俸400万ドル(約4億4000万円)を稼いだ俊足巧打の1番打者だ。

「私がマイナーリーグにいたのはかなり前のことだが、それほど変わっていない。最初の給与に衝撃を受けた。これはピラミッドであり、私はそのピラミッドを登っていた。最初の契約をした時、私は20歳。最初のマイナー契約の交渉をした。そして、ニューヨーク-ペンリーグのジュネーブ・カブスでプレーする自分の給与を確認した。月850ドル。そして、最初の給与を受け取った。(税引き後の手取りは)327ドルだった」

 327ドルは2週間分とはいえ、1か月分に換算しても700ドル(約7万6700円)足らず。これは日本の高卒初任給の水準(19年は約17万円)にも大きく劣る額となっている。それでも、多くの選手がマイナーでプレーするのはメジャー昇格の「夢」を追っているからだという。グランビル氏はこう述懐している。

「しかし、それがどうした。メジャー昇格するんだ。プロ野球の経済的ヒエラルキーを理解していた。マイナーリーグはトライアルの場。重要なのは給与ではなく、機会だった。メジャーリーグで何百万ドル稼ぐことになれば、+Aの給与なんて誰が気にするだろうか?」

「こうした選手たちの大多数は貧困から脱することができない。誰も我々の貧困に関する主張を受け入れてくれないだろう。真剣に教育を受ければ、その後に別の道に進むこともできると思われるだろう。この状況についての認識は、内部の人間も外部の人間も、うのみにしている。将来手にするものが重要である。だから、誰もシステムを変えなかった。私はメジャーリーグで9年プレーし、マイナーリーグの問題について考えなくなった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」