野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島・菊池涼が残留、二遊間の“相方”は誰? どうなる?2020年カープ打線

広島はポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介内野手の来季残留を発表した。夢のMLB挑戦は実現することはできなかったが、カープにとっては大きな“補強”に成功したといって過言ではない。菊池涼の残留で来季、リーグ制覇奪還を狙う2020年の広島打線を見ていく。

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】
広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

田中広はケガでシーズン終盤を離脱したが来季はドラ1小園と遊撃争いへ

 広島はポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介内野手の来季残留を発表した。夢のMLB挑戦は実現することはできなかったが、カープにとっては大きな“補強”に成功したといって過言ではない。菊池涼の残留で来季、リーグ制覇奪還を狙う2020年の広島打線を見ていく。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 菊池涼の残留で余程のことがない限り「2番・二塁」は決定だろう。「タナキクマル」と呼ばれた“相方”の田中広は終盤に怪我で離脱しドラフト1位・小園が遊撃のポジションを守った。田中広が順調に回復し万全の状態でキャンプに挑むことができれば「1番・遊撃」の最有力候補であることは間違いない。

 今季ドーピング違反で6か月間の出場停止処分を受けたバティスタ次第になるが、19年からの戦力ダウンはほとんどないと言える。新助っ人ピレラはメジャー通算17本塁打で内外野を守れるユーティリティも武器。中軸として期待したいがキャンプ、オープン戦など実戦での対応力を見てからになりそうだ。

 今季はプロワーストの72試合の出場にとどまった長野は移籍2年目となる来季は正念場を迎える。そこに高い身体能力が武器でパンチ力もある野間がポジションを争う。

○2020年広島オーダー予想

【広島】
1(遊)田中広輔 小園海斗
2(二)菊池涼介
3(中)西川龍馬
4(右)鈴木誠也
5(一)松山竜平
6(三)ピレラ 安部友裕
7(左)長野久義 野間峻祥
8(捕)會澤翼
9(投)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」