野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ブランコ、ルナ、ビシエド…中日の2010年代助っ人はタイトルホルダー揃い

2019年シーズンのプロ野球が幕を閉じ、2010年代は今年で一区切りとなった。ここでは10年間で活躍した中日の主な助っ人外国人選手を見ていこう。

中日のダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】
中日のダヤン・ビシエド【写真:荒川祐史】

バルデス、ビシエド、ゲレーロ、マルティネスらキューバ出身者が活躍した

 2019年シーズンのプロ野球が幕を閉じ、2010年代は今年で一区切りとなった。ここでは10年間で活躍した中日の主な助っ人外国人選手を見ていこう。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○チェン・ウェイン投手

 2004年に台湾の国立体育大学から加入。2007年には育成契約も経験したが、2009年に防御率1.54で最優秀防御率に輝いてブレークした。2010年は自己最多の13勝、2011年は8勝でセ・リーグ連覇に貢献。2012年にメジャー挑戦し、オリオールズでは4年間で46勝と活躍した。2016年には5年総額8000万ドル(約87億6000万円)の大型契約でマーリンズに移籍したが、4年間で13勝、防御率5.10と結果を残せず、今オフに戦力外となった。

○トニ・ブランコ内野手

 2009年にロッキーズ傘下から加入。1年目から39本塁打、110打点で2冠に輝くと、2010年も打率.264、32本塁打、86打点でリーグ優勝に貢献。4年間で111本塁打と活躍した。2013年にはDeNAに移籍して自己最多の41本塁打、2015年からはオリックスで2年間プレーした。

○エクトル・ルナ内野手

 2013年にパイレーツ傘下から加入。1年目は7月6日に左膝を痛めて残りシーズンを欠場したが、85試合で打率.350、9本塁打、51打点の好成績だった。2年目の2014年は規定打席に到達し、打率.317、チームトップ17本塁打、73打点でベストナインを受賞。2015年は球宴にも出場し、打率.292、8本塁打、60打点の成績を残した。2016年は広島でプレーした。巨漢だったが2015年には11盗塁で失敗ゼロと走力が高かった。

○ラウル・バルデス投手

 1998年にキューバから亡命してメジャー103試合に登板。2015年にブルージェイズ傘下から加入した。2015、16年は規定投球回に届かなかったものの防御率は3点台と安定。2017年は球宴にも出場し、6勝9敗、防御率3.76の成績を残した。今季はメキシカン・リーグのティファナでプレー。11月には42歳を迎えたが今オフのメキシコ・ウインターリーグでは5勝2敗、防御率2.51と好投している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」